オムツのMサイズはいつからいつまで?目安やおすすめ商品を比較紹介!

オムツのMサイズはいつからいつまで?目安やおすすめ商品を比較紹介!

オムツ

この記事にはプロモーションが含まれます。

 

 

スポンサーリンク

オムツのサイズはS・M・Lとありますが、自分の子どもにサイズが合っているか、いつまでオムツのMサイズを使用するといいか悩むママは少なくありません。

私

いつまでこのサイズでいいんだろう?大きすぎると漏れるし、小さすぎるときつくて動くから太ももが、はちきれそうになるし…。

オムツのMサイズのほとんどは、体重6~11kgを目安とされており、月齢にすると3ヵ月頃から1歳頃にサイズアップを検討するといいでしょう。

ただし、成長や体格には個人差がありますので、Mサイズをいつまで使用するかの目安やポイントを詳しく解説していきます。

また、おすすめのオムツや比較を、合わせて紹介していきますので、あなたの子どもに合ったオムツが見つかるはずですよ♪

オムツの悩みを解消して、あなたも子どもも楽しく過ごせる毎日にしていきましょう。

\赤ちゃんの肌に優しいパンパースはこちらから/
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

実際オムツのMサイズっていつまで履く?適正な目安は?

Mサイズは中間なので、万能だけどいつからいつまで使用するか悩むのは、あなただけではありません。

私

いつからMでいいんだろう?逆にいつまでこのサイズでいいんだろう?

オムツのMサイズは、ほとんどのメーカーで体重6~11㎏を目安、男児で3か月~1歳、女児で3か月~1歳3か月程度の体重です。

この目安だと、だいたい3か月頃からMサイズのオムツを履き始めて、1歳頃にサイズアップを検討するといいですね。

成長の目安票が母子手帳にも書いてありますが、成長段階には個人差があるので、±1か月程度は前後する場合もあります!

私

私は、地域の担当保健師さんに、いつまで今のサイズでいいのかなど、聞いていましたよ。あなたも、保健師さんに尋ねてみるのもいいですよ♪


それでは、オムツのいつからサイズアップを検討するか、確認したらいいポイント何か、チェック項目をまとめてみたので一緒に確認してみましょう!

体重

Mサイズのオムツは、ほとんどのメーカーが6~11kgを目安と記載されています。参考に、他のサイズの目安も見てみましょう♪

Sサイズ:4~8㎏  Mサイズ:6~11㎏  Lサイズ:9~14㎏

被る体重の範囲があるので、他のポイントも見て決めるのがいいですね!

おしっこ、うんちの量/おしっこ漏れ、うんち漏れの頻度

1日あたりに、どのくらいオムツを交換しているか、1回あたりどのくらいおしっこやうんちが出ているかを確認しましょう。

子どもの1回分と、1日の排泄量の目安は以下の通りです。

参考:日本衛生材料工業連合会

さらに、月年齢別の1日のオムツ交換回数の目安を、調べてみました。

・生後1~2ヶ月頃:15回程度
・3か月頃:8~10回
・6か月頃:8回程度
・1~2歳頃:3~6回

年齢があがってくると、身体の機能も成長するので回数が減ってくる分、1回量が多くなってきます。

オムツ交換のとき1回量が多くなってきたり、オムツの交換の回数が増えてきたら、サイズアップのサインです!

子どものミルクや食べている量で、おしっこ・うんちの量は多少前後しますので、日頃から気にかけておくといいですよ。

お腹周りや足まわりはきつくないか

パンツタイプであれば、指1本分の余裕がお腹にあるか確認をしましょう。

もしも、お腹や足まわりにゴムの痕がついているのであれば、今のオムツは小さい可能性があるので、サイズアップのサインです。

赤ちゃん小さい子どもの肌は、大人の肌より薄くて敏感ですので、ゴムの痕がついていると、そこから肌かぶれが起きることもあるので要注意です!

オムツを交換するときやお風呂に入るときに、オムツのゴム跡がついていないか、日頃からチェックしましょう。

おへそが出ているか

オムツで、おへそがしっかり隠れているか確認しましょう。

生まれたての新生児はおへそを乾燥させるために例外ですが、基本はしっかりおへそが隠れるくらいの大きさの、オムツを履くことがベストです!

おへそが出ているということは、オムツが肌にぴったりくっつきやすく、余裕のない状態ということ。

おへそが出ていると、おしっこ・うんちの量によっては吸収しにくく、漏れやすくなる可能性があります。


以上の4つを日頃からチェックしておくと、Mサイズからサイズアップするタイミングも、わかりやすいですよ!

私の子どもは、ウエストが細く小柄だったので、オムツがはずれる2歳までMサイズを使用していました。

体重だけではなく、体系や成長には個人差があるので、あなたの子どもの成長に合わせて、オムツもサイズアップしてあげましょう♪

\楽してお特に♪/

>>おむつの定期便はAmazonがお得!?定期便はどこが安いのか調査

\オムツが臭わない袋で嫌な臭いともサヨナラ/

オムツのMサイズを比較!選び方のコツは?

オムツといっても、いろいろなメーカーがあります。メーカーによって特徴や価格に違いがあるので、比較を表にまとめてみました!

メーカー名テープサイズ/目安体重パンツサイズ/目安体重価格(テープ/パンツ)
パンパース新生児…誕生~5kg
Sサイズ…4~8kg
Mサイズ…5~12kg
Lサイズ…9~14kg
Mサイズ…6~12kg
Lサイズ…9~14kg
ビッグサイズ…12~22kg
新生児…2,134円/無
Sサイズ…2,134円/2,134円
Mサイズ…2,134円/2,134円
Lサイズ…2,134円/2,134円
ビッグサイズ…無/2,134円
メリーズ新生児…誕生~5kg
Sサイズ…4~8kg
Mサイズ…6~11kg
Sサイズ…4~8kg
Mサイズ…6~11kg
Lサイズ…9~14kg
ビッグサイズ…12~22kg
新生児…1,706円/無
Sサイズ…1,706円/1,706円
Mサイズ…1,706円/1,706円
Lサイズ…無/1,706円
ビッグサイズ…無/1,706円
ムーニー新生児…誕生~5kg
Sサイズ…4~8kg
Mサイズ…6~11kg
Lサイズ…9~14kg
Sサイズ…4~8kg
Mサイズ…6~12kg
Lサイズ…9~14kg
ビッグサイズ…12~22kg
新生児…1,780円/無
Sサイズ…1,452円/1,507円
Mサイズ…1,452円/2,120円
Lサイズ…1,452円/1,452円
ビッグサイズ…無/1,452円
マミーポコSサイズ…4~9kg
Mサイズ…6~13kg
Lサイズ…9~15kg
ビッグサイズ…12~22kg
Sサイズ…1,135円
Mサイズ…1,655円
Lサイズ…1,655円
ビッグサイズ…1,655円
※11月現在、税込み価格 ※楽天市場参考

テープとパンツを比較

一般的に何か月になったらパンツに切り替え!というのはありません。動きが活発になる、寝返りをするようになったら、テープからパンツに変える目安にしましょう。

また、身体に合っていないオムツを履いている状態でお子さんが活発に動くと、オムツがずれやすくなります。

オムツの交換回数が増えたり、お洋服の洗濯回数も増えるため、ママ・パパも大変ですよね。

ですので、不便さを感じるタイミングが増えてきたのであれば、パンツタイプへの変更やサイズアップを検討してみましょう♪

私

テープの場合はしっかりお腹の真ん中でテープを止められているか確認しましょう♪止められていない場合は、動いている間にテープが取れて中身が出てしまうリスクがあります!

オムツの吸収量

メーカーや、そのオムツが何に強いのか(漏れ防止、かぶれない、伸縮性…など)にもよりますが、だいたいの吸収量は以下の通りです。

・Sサイズだと最大500ml前後

・Mサイズだと最大800ml前後

・Lサイズだと最大1100m前後

実際のところ、この量よりも早い段階での交換が必要になります。しかし、量だけみても子どもがどれだけの量をしているか、わかりにくいですよね。

そのためサイズアップを検討しているのであれば、まず夜の寝るときだけサイズアップしてみるのもいいですよ。

日中はこまめにオムツを交換しますが、夜は子どもがぐっすり寝ているのを起こしてオムツを交換するのもかわいそうです。

そのため、日中よりも多くのおしっこをオムツにすることになります。

夜から始めて見て、それで問題が無ければ日中もそのサイズにしてみましょう♪

しかし、夜は大丈夫でも日中動き回るとオムツがズずれて、漏れてしまうという可能性もあります。

日中と夜でも活動量は違うと思うので、何日か試してみて以前のものと比較してみるといですよ!

男の子用と女の子用のオムツ

メーカーによっては、男の子と女の子でおしっこが溜まりやすい場所が違うことから、どこにより多く吸収材を入れるか考えて作られています!

そのため、おしっこの量が多くてオムツ交換が多い場合は、サイズアップではなくこういったオムツの種類を確認してみましょう。

サイズアップすると、お腹周りが大きいということもあるので、メーカーを変えてみるのも検討するといいですよ。

お母さんの負担が減ることも大切なので、どのメーカーのオムツが子どもに合っているか、比較してオムツが選べるといいですね♪

私

男の子の場合はオムツの前側、女の子の場合はオムツの真ん中におしっこが溜まりやすいです。そのためその部分の吸収力が高いと、漏れにくいので安心ですね♪

スポンサーリンク

オムツのMサイズのおすすめは?確認するポイントはここ!

オムツのMサイズはいつまでいつからいつまで使用するか、目安を紹介してきました。しかし、オムツメーカーはさまざまあるので、どこのメーカーを使用するか悩みますよね。

おすすめは、子どもの敏感肌に優しいパンパースと価格がお手頃なメリーズとムーニーです。最安値で考えるとマミーポコが1番安いのですが、テープタイプは販売がありません。

それでは、それぞれ詳しく解説してきますね。あなたの子どもに合ったオムツが見つかるはずです!

パンパース

パンパースには、「肌へのいちばん」シリーズと「さらさらケア」シリーズの、2種類があります。

高分子吸収体と風通しのいい設計で、おしっこを吸収した後も肌に風を送り続けるので、さらさらが続きます。

また、子どもの弱い肌にやさしい弱酸性に近づける設計も施されているので、お腹周りや足回りがかぶれる心配も少ないでしょう。

さらに、股上が深いので、しっかりおへそまで隠れます。しかし、スリムなデザインなので、体格によってはお尻がはみでてしまう可能性も。

わが家の男の子は、夜のおしっこ漏れがしやすかったです。スリムで持ち運びには便利なので、日中に使用におすすめです。

\パンパースはこちらから/
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

メリーズ

メリーズには、「ファーストプレミアム」シリーズと「ずっと肌さらエアスルー」シリーズの、2種類があります。

パンパース同様に、子どもの肌に優しい設計になっており、シート面には見えない小さな穴がなんと50億個以上も。

そのため、オムツ内の湿気を外に出し続けるので、肌のさらさらが続きます。また、異なる大きさの凹凸で排泄物をしっかりとキャッチしてくれるのです。

パンパースに比べると、股上が少し浅いですが、横に広いのでお尻をすっぽり包んでくれますよ。

メリーズプレミアム オムツ
メリーズプレミアム オムツ パッケージ画像

下の男の子が、すぐにお股が痒くなってしまうタイプだったので、わが家はメリーズのプレミアムタイプを使っています。

ほぼ全てのメーカーのおむつを使いましたが、こちらがうちの子のにはあっていたようで、かゆみも減りました♪ネットのまとめ買いが断然お得です‼

\メリーズはこちらから/
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ムーニー

ムーニー(テープタイプ)、ムーニーマン(パンツタイプ)とわかれています。また、ムーニーナチュラル、ムーニーマンナチュラルは従来よりもふわふわ感がアップ!

オーガニックコットン配合表面シートを使用しており、赤ちゃんの肌が触れる部分には「オリーブオイル」「ホホバオイル」「ライスオイル」を配合して、繊細な肌にも安心です。

また、ゆるうんちポケットという、やわらかいうんちをキャッチしてくれるポケットがあるので、離乳食を始めたころの赤ちゃんに特におすすめです。

まぁ、それでも漏れるときは漏れていましたが(笑)

価格は、パンパースやメリーズよりもお手頃となっているので、ムーニーはおすすめですよ♪

\ムーニーに散らかして怒られ中(笑)/
\ムーニーマンはこちらから/

マミーポコ

マミーポコは、他のメーカーに比べると、大きめの作りとなっています。ですので、1つのサイズを長く使用することができますよ。

しかし、パンツタイプしか販売されていないのが、残念ですね。

コスパががとてもよく、大容量パックもあるので、買い物に行く回数が減るのは嬉しいポイント!

その他にも、ドラえもんやトミカ、ディズニーなどキャラクターのデザインがされているので、子どもも喜んでオムツを履いてくれそうですね。

\マミーポコはこちらから/
ユニ・チャームダイレクトショップ
¥4,356 (2023/11/25 19:07時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

オムツのMサイズはお試しできる?

オムツのMサイズからサイズアップしようと思ったとき、いきなり大容量のオムツを購入すると費用がかかります。

もしも、購入したメーカーのオムツがあなたの子どもに合わなかったとき、もったいないですよね。

そのようなときは、Mサイズ5枚入りなどの、少量パックがおすすめです。Mサイズ以外のサイズも販売されているので、さまざまなメーカのサイズを購入しましょう!

メーカーによっては、お試しパックが販売されていないこともあります。

オムツの少量パックは、薬局ではなかなか見られませんが、西松屋やネットでは販売がされています。

いろいろなメーカーのお試しパックを使用してみて、コスパや子どもの肌に1番合うものを選ぶと、無駄なくオムツを購入できますよ!

>>おむつを洗濯機で洗ってしまった時の対処法。柔軟剤1つで即解決!!

\心配なら少量使えるお試しパック!/

まとめ

  • Mサイズのオムツは、個人差がありますが、3か月頃から1歳頃までが目安
  • お腹や足回りに跡がつかないか、1日の排せつ量やオムツの交換回数をみてサイズアップを検討する
  • 子どもの肌や性別、体系にあったオムツのメーカーやサイズを選ぶ
  • 同じMサイズでも、メーカーによっては排せつ物が漏れてしまうことがある
  • サイズアップをする場合は、動きが少なく排せつ量が多い、夜から始めてみるのがおすすめ
  • お試しパックが西松屋やネットで購入できるので、まずは少量入りを購入して、試すのがおすすめ

いかがだったでしょうか?オムツのMサイズをいつからいつまで使用するのか、さまざまな視点でまとめました。

私の1番目の子どもは小柄だったので、オムツが外れるまでMサイズで大丈夫でした。しかし、2番目は目安通りに1歳でLサイズにサイズアップしました。

体重はあくまでも目安であり、身長によっても体系が変わってくるので、日頃からゴムの跡がついていないか、漏れはないかチェックしましょう。

これまでお伝えしてきたポイントを踏まえて、あなたの子どもにあったオムツを選びたいですね♪

おむつストッカーの中身に便利ベビーグッズ8選!おすすめバスケットタイプや100均で代用も!

コメント

タイトルとURLをコピーしました