正月に洗濯をしたいときはいつから始めてOK?タブーとされる理由とは?

正月に洗濯をしたいときはいつから始めてOK?タブーとされる理由とは?

暮らし

この記事にはプロモーションが含まれます。

 

 

スポンサーリンク

正月に洗濯をしたいときはいつから始めて良いのか、タブーとされる理由について調査してみました。

正月は洗濯を控えるべきと、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?私の祖母も言っていました。

正月の洗濯に関しての疑問を、次にあげてみました。

正月の洗濯に関しての疑問
  • 正月に洗濯をしたいときは、控えるべき?その理由とは?
  • 正月に洗濯をしたいなら、いつから始めていいの?
  • 正月に、洗濯以外で控えた方がいい家事は何がある?

日々、洗濯物は溜まるものです。私は、毎日2回は洗濯を回しています。

この記事では、こんなことをお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • 正月に洗濯を控えるのは、日本の風習が関係している
  • 正月に洗濯をしたいときは、三が日を避ける
  • 正月に控える家事は、洗濯以外に掃除、料理がある

正月は思い切って家事はお休みにして、いつもとは違う1日を味わってみましょう♪

スポンサーリンク

正月に洗濯をしたいときは控えるべき?理由とは

正月に洗濯をしたいときは控えるべき?理由とは

正月に洗濯を控えるべき理由について、日本の古くからの風習が関係しているのはなんとなくわかります。

しかしその内容まで、はっきりと説明できるでしょうか。

30代主婦
30代主婦

正月に洗濯をしたいと思っても、おばあちゃんやお母さんがダメっていう。なんでだろう。

正月に洗濯をしたいと思っても、祖母は控えるべきだと言います。実際祖母は、正月に洗濯を回しません。

祖母は、「昔から正月に洗濯はしないと決まっている。」と言います。その言葉に従って、私の母も昔から正月には洗濯をしない習慣があります。

正月は、1年の中でも特別な日であるという認識はあります。でも365日のうちの1日であり、その間も洗濯物は自然と溜まります。

溜まった洗濯物のことを考えると、正直、正月であっても洗濯はしたいです。

正月に洗濯をしたいと思っても、控えた方がいい理由について調べてみました。

正月に洗濯を控えるのは日本の風習に関係している?

洗濯を控えるべき理由として、『福を洗い流してしまわないように』との考えがあります。

日本では、正月に洗濯を含め家事を控えるという風習があります。正月は1年の始まりの祝祭日として、昔から大事にされてきました。

風水でいうと、新年は運気をリフレッシュする重要な時期です。さらに1年の始まりということで、その年の運気を左右する重要な時期とされています。

その重要な時期に洗濯を含め家事を行うと、家庭の運気を下げ、幸運を洗い流すと考えられてきました。

また、日本古来の考え方でいうと、新しい年の始まりは、年神様が家庭を訪れる特別な時期とされています。

新年に年神様を迎えるため慌ただしく過ごすのではなく、家事を控えることで、年神様への敬意を表すという意味合いもありますね。

正月の洗濯にまつわる風習と大晦日の風習を比較

1年の始まりの正月と比較し、1年の締めくくりの大晦日は、どういった風習があるのでしょうか。

大晦日の家事の風習として、大掃除を例に挙げてみます。

新年に年神様をお迎えする準備として、また新年の福を迎え入れる準備として大掃除を行います。

1年の終わりに、家を清めて年神様や福を迎え入れる準備を行い、清らかな気持ちで新しい1年を迎えるという考えは、日本人らしいですね。

正月の洗濯はいつから始めてOK?

正月の洗濯はいつから始めてOK?

正月の洗濯は、一体いつからなら始めて良いのかという疑問が湧きます。

正月の洗濯はいつから始めて良いかの回答としては、1月4日が目安です。

一般的には、日本では正月の三が日が一つの区切りになりますよ。1月4日から仕事始めの方も多いでしょう。

1月4日から通常の生活に戻るという意味で、家事も通常運転開始となるのではないでしょうか。

正月だろうと洗濯はしたいという方にとっては、この正月三が日はきっと長く感じますね。

地域によっては、元日のみ避けるという考えのところもあるようです。

「正月の洗濯はいつからなら始めていいの?」とやきもきしてしまうなら、“元旦だけお休みする”というのも1つの考え方ということですね。

スポンサーリンク

正月に洗濯以外でしない家事とは?

正月に洗濯以外でしない家事とは?

洗濯以外に正月にするべきではない家事は、ほかには何があるのでしょう。それは以下の2つです。

  • 掃除・・・『福を掃き出す』
  • 料理・・・『縁を切る』

正月はその年の運気を左右する重要な時期とされています。その時期に運気を下げるとされることは、できれば控えたいものです。

また正月に家事を控えることは、毎日続く家事からの解放にもつながるという考え方もできますね。

日頃から当たり前に行なっている家事ですが、正月の洗濯に『福を洗い流す』という意味合いがある「掃除・料理」について詳しく見ていきましょう。

正月に洗濯以外でしない家事 その①掃除

新年は、福を迎え入れる時期になります。

新年の掃除は、福を外に掃き出してしまう』という意味合いがあるため、控えるようにとされています。

先に大晦日のところでもお伝えしましたが、気持ち良く年神様を迎え入れるためにも、掃除は年内のうちに済ませておくのがベストです。

新年に向けて、良いエネルギーを呼び込むための準備をしておきましょう。

正月に洗濯以外でしない家事 その②料理

料理では包丁を使用しますが、包丁は『良いご縁を切ってしまう』という意味合いがあり、縁起が悪いとされています。

料理の過程で洗い物も出ます。水を使うことで、『福を洗い流す』という意味合いになります。正月に洗濯をしないという意味合いと同じですね。

こういった意味合いもあり、正月は料理を控えて、おせち料理を食べる習慣があります。

正月に洗濯をしないのは主婦にとって家事からの解放になる⁉

これまで風習を中心に述べましたが、少し見方を変えてみます。

正月くらい、普段家事を担ってくれる人をゆっくりさせてあげよう』という心遣いもあるのではないでしょうか。

私は普段家事をしているので、ここではちょっと見方を変えて、主婦の立場で考えてみます。

確かに正月に避けるべきこととして、洗濯、掃除、料理など主婦業に関するものが多いのに気付きますね。どれも、毎日休みなく行なっていることです。

現代は、様々な便利なものが溢れており、昔は重労働だった家事全般も、ずいぶん楽になりました。

ボタンひとつで、洗濯から乾燥までできる時代です。人間不在でも、ボタンひとつでロボットが家中を掃除してくれます。

しかし楽になったとはいえ、家事をするとなると、それだけで気忙しくなります。

正直なところ、正月くらいは家事から解放されて、のんびり過ごしたいと思う気持ちもあります。

私は洗濯ものが多いほうなので、少なくとも元旦だけはお休みして、2日から再開したいと思います!

まとめ

まとめ
  • 正月に洗濯をしたいときは、三が日を避けて、1月4日から洗濯を開始してOK!
  • 正月に洗濯をする行為は、風水的に『福を洗い流す』という意味がある
  • 正月には洗濯以外にも、掃除、料理もタブーとされている
  • 新年は、年神様を迎え入れるにあたり、家事を控えることで、年神様への敬意を表す
  • 正月に洗濯を控えるという行為は、毎日休みのない主婦へ、家事から解放させてあげたいという労いが込められている
  • 家事が溜まってしまうことが心配なら、元旦だけは控えて、2日から再開するという考えもあり

正月に洗濯をしてはいけないと聞いたことはありつつも、詳しい理由までは知りませんでした。

伝統や風習を重んじるところは、日本人らしいですね。

主婦への労いの思いが込められていることも、知りませんでした。1年365日、家事に追われている主婦にとって、積極的に休む日も必要なのかもしれませんね。

洗濯物は溜まる一方なので、正月でも洗濯はしたいという思いもありますが、そこはお言葉に甘えてもいいのかもしれません。

正月には家事を少し休んで、たまには自分を労ってあげましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました