朝マックの低カロリーセットでダイエットできちゃう⁈おすすめメニューを紹介

ダイエット

あなたは朝マックのおすすめなメニューはありますか。私は、朝マックのためなら休日でも早起きするほど好きです。

でも、産後に体のお肉が気になり始めてから、朝マックが疎遠になりました。

ダイエット中でも低カロリーのマックなら楽しめないかしら。

もし、朝マックの低カロリーメニューでダイエット出来るなら行きたくありませんか。

マックは高カロリーなメニューしかないと思い敬遠してはもったいないですよ!!

朝マックにはヘルシーなバーガーがあり、組み合わせ方でバランスの取れた最高な朝食メニューが出来上がりますよ。

朝ごはんを食べることで、基礎代謝を上げることができ、便秘対策にもなるのでダイエット中でも取り入れたいですね。

低カロリーのメニューなら、朝から罪悪感なくマックを楽しめる!ダイエット中でもおすすめな朝マックを楽しむ秘訣をこれから紹介していきます。

//

朝マックの低カロリーなダイエットメニューとは?

朝マックのメニューは、実は高カロリーのバーガーばかりではないんです。

朝マックではカロリーが低いだけでなく、バランスの取れた朝食メニューを簡単に組み合わせられるので、無理なくダイエット効果を高められる食事が摂れますよ!!

ご飯やパンなど炭水化物だけの朝食をとるよりも、サラダや卵などその他の栄養が取れるマックの方がダイエット向きと考えることもできます。

ダイエットに大切なたんぱく質を朝から摂り、お腹を満たして間食を防ぐことでダイエットにつなげていきましょう♪

ただ、添加物や油分も摂ってしまうので、食べ過ぎは禁物ですよ。たまに食べたい!という時の参考にしてくださいね。

それでは、低カロリーでもおいしいバーガーやサイドメニューがあるので、紹介していきますね。

ベーコンエッグマックサンド 

ベーコンエッグマックサンド
マクドナルド公式メニュー
  • カロリー…292㎉
  • 脂質…13.3g
  • たんぱく質…15.9g
  • 糖質…26.4g

朝マックのメニューの中で一番ヘルシーなバーガーは、ベーコンエッグマックサンドになります。

ふんわりしたバンズにスモークベーコンとチーズ、さらにプルプル食感の卵をサンドしたヘルシーなバーガーです。

卵とベーコンとチーズが一度に食べれるのでしっかりたんぱく質を摂ることができますね。

エッグマックマフィン

エッグマックマフィン®
マクドナルド公式メニュー
  • カロリー…311㎉
  • 脂質…13.5g
  • たんぱく質…19.2g
  • 糖質…27.1g

朝マックならではのオリジナルマフィンを使ったエッグマックマフィンは、イングリッシュマフィンが好きな方におすすめです。

こちらも卵とベーコンとチーズが挟んであるのでたんぱく質が摂れて栄養抜群ですね。

フィレオフィッシュ

フィレオフィッシュ®
マクドナルド公式メニュー
  • カロリー…326㎉
  • 脂質…14.0g
  • たんぱく質…14.3g
  • 糖質…36.1g

ランチメニューでも定番なフィレオフィッシュは朝マックでも注文できます。

揚げ物でありながらも低カロリーな白身魚を使っているため、ヘルシーなバーガーに位置付けられます。

あのチーズとタルタルソースの味わいは最強な組み合わせですね。

マックグリドルベーコンエッグ

マックグリドル® ベーコンエッグ
マクドナルド公式メニュー
  • カロリー…396㎉
  • 脂質…18.1g
  • たんぱく質…15.7g
  • 糖質…42.4g

私がおすすめしたいマックグリドルシリーズの中でも一番ヘルシーなものは、マックグリドルベーコンエッグになります。

挟んでいるものがソーセージパテでないことで、カロリーが抑えられています。

糖質が高いので、お昼ごはんで糖質を抑える工夫をすることが必要ですね。

どうしても甘辛な味付けが食べたいときには、たまのご褒美としていかがでしょうか。

朝マックおすすめサイドメニューバーガー

サイドサラダ 10㎉ ※ドレッシング含めず

サイドサラダ
マクドナルド公式メニュー

えだまめコーン 56㎉

えだまめコーン
マクドナルド公式メニュー

ヨーグルト 59㎉/脂質0.8g/たんぱく質3.2g

ヨーグルト
マクドナルド公式メニュー

せっかくヘルシーなバーガーを選んでも、セットのサイドメニューで高カロリーなものを選んでしまいたくないですよね。

ここでおすすめなサイドメニューを紹介していきますね。

マックでは、なかなか野菜を摂取できないと思っていませんか。

実は最近、サイドサラダとえだまめコーンが登場しています。

バランスの良い栄養のある食事をしながら体重を減らすことで、リバウンドなく理想のスタイルに近づけます。

そこで、サイドサラダやえだまめコーンを選択肢に入れてみましょう。

サイドサラダには、焙煎ごまドレッシングと低カロリー玉ねぎの2種類のドレッシングが選べます。

2種類のドレッシングを調べてみると、玉ねぎのドレッシングが7㎉なのに対して、なんと焙煎ゴマドレッシングは107㎉もあります。

よりダイエット向きなドレッシングは低カロリー玉ねぎの方なので、こちらを選ぶのが良さそうです。

えだまめコーンはトウモロコシだけでなく、食物繊維豊富な枝豆も入っており食べ応えのあるヘルシーなサイドメニューになりますね。

野菜ではないですが、ヨーグルトも低カロリーでおすすめなサイドメニューです。

腸内環境を整えてくれるというダイエット効果がヨーグルトにはあるので、野菜が苦手な方はヨーグルトを選んでみてください。

バリューセットで、サイドメニューを変更することはできますが、サイドサラダにする場合はプラス50円かかります。

また、バリューセットのサイドメニューでは「えだまめコーン」と「ヨーグルト」が選択できません

こちらを選ぶ際にはコンビを頼み単品注文として選ぶことができます。

サイドメニューはハッシュポテトしかないと思っていましたが、頼み方を変えることで、サイドメニューのバリエーションが増えますね。

朝マックおすすめドリンク

  • プレミアムローストコーヒーSサイズ
    11㎉/脂質0g/たんぱく質0.4g
  • アールグレイアイスティーSサイズ
    2㎉/脂質0.0g/たんぱく質0.0g
  • 爽健美茶
    0㎉/脂質0.0g/たんぱく質0.0g

ドリンクもヘルシーなものを選びたいですね。ジュースはダイエット中は避けたいものです!!

なぜなら、ジュースの甘さはほぼ砂糖です。

ジュースに含まれる砂糖の量を、角砂糖で表示しているネットを見たことがありますか。

なんとコーラには12個の角砂糖が含まれているんですよ!栄養が摂れてヘルシーと思っていた野菜ジュースでさえも、9個分の角砂糖が含まれています。

野菜を摂取するために野菜ジュースを選ぶよりも、サイドサラダを選ぶことの方がヘルシーかつしっかり栄養が摂れそうですよね。

手軽に飲めてしまうジュースだからこそ、ダイエット中には気を付けたいものですね。

コカ・コーラゼロなら、0㎉っていうぐらいだから、ダイエット中でも飲めるよね♪

朝マックでもコカ・コーラゼロを頼むことができますが、私はあまりおすすめしません。

確かに0㎉だからヘルシーと思いますが、人工甘味料がたくさん使われています。

人工甘味料を多く含むものを摂取すると、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

またこの人工甘味料は中毒性があるので、脳が甘いものをもっと求めてしまう傾向があります。

健康的にダイエットするには、避けた方がよいかと思います。

そこで、コーヒー、紅茶、お茶を選び、無駄な砂糖を摂取しないことがおすすめですよ。

そして、なるべくなら温かいものを選ぶこともおすすめします。氷の入った冷たい飲み物は、体を冷やし代謝を下げてしまいます。

体が冷えることで老廃物を貯めこみやすくしてしまい、脂肪も流れにくくなってしまいます。

また、温かい飲み物は気持ちを落ち着かせてくれるので食欲も落ち着いてきますよ。

私はよく物足りないなと感じるときにホットのコーヒーや紅茶を飲んで食欲を落ち着かせたりしています♪

朝マックでおすすめできないダイエットメニューは?

先ほどの章で、マックのメニューはカロリーが高いものばかりでなくヘルシーなバーガーがあることがわかりましたね。

また、サイドメニューの選び方で、ダイエットできそうな気がしてきました。

カロリーが低く腹持ちの良いメニューを選ぶことで、間食を防いでダイエットにつながりますね。

ところで、あなたの好きな朝マックメニューはありますか。

私

マックグリドルベーコンエッグとハッシュドポテトとカフェラテって最高よね!!

私の大好きな組み合わせです。ですがこのセットだと糖質とカロリーが爆発してしまい、ダイエットから一気に遠ざかってしまいます。

ご存じのように、実は朝マックは高カロリーなバーガーも多いのです。

そこで、朝マックでおすすめできないメニューをここで把握しておきましょう!

メガマフィン

メガマフィン
マクドナルド公式メニュー

なんと、695㎉もありポテトLサイズより高カロリーなんです。イングリッシュマフィンにソーセージパテ2枚にベーコンを挟んでありボリューム感たっぷりですね。

マックグリドルソーセージエッグ

マックグリドル® ソーセージエッグ
マクドナルド公式メニュー

私が朝マックでおすすめしたいマックグリドルソーセージエッグも525㎉あります。

メープル風シロップ入りのバンズに塩味の効いたソーセージパテの甘辛ミックスな味は一度食べたら病みつきになります。

どちらもソーセージパテが挟んでありますね。

ソーセージパテのカロリーが高いことがわかります。高脂質なものを取り続けると、肥満や生活習慣病の原因にもなります。

おすすめであげたバーガーのように、ヘルシーかつしっかりたんぱく質が摂れるものを選ぶのが大切です。

人間にとってたんぱく質は筋肉を作るうえで大切になります。朝にしっかり摂ることで筋肉作りや代謝アップに繋がり、ダイエット効果を高めてくれます。

ダイエット中に朝マックを楽しむためには、カロリーを気を付けながら、栄養のバランスが整うメニューを選ぶことが大切ですね。

次では、朝マックを諦めたくない!!あなたに必見な朝マックのおすすめな組み合わせを紹介していきますよ。

朝マックのダイエットにおすすめな組み合わせは?

朝マックでおすすめなメニューはわかっていても、ダイエットにぴったりな組み合わせ方も知りたいですよね。

ここでは、ダイエット向きな朝マックでおすすめな組み合わせを紹介してきます。

  • ベーコンエッグマックサンド
  • サイドサラダ(玉ねぎドレッシング)
  • コーヒー
  • 計320㎉

とにかくヘルシーなものを食べたいという方に、ぴったりなセットメニューです。

たんぱく質も脂質も炭水化物もバランスよく摂取できるので、コンビニで菓子パンを買うより朝マックの方がおすすめです!

サイドメニューでサラダを選ぶことで、代謝を促すビタミンやミネラルが摂れ、ダイエットにも効果が出る朝マックになりますね。

  • エッグマックマフィン
  • えだまめコーン
  • アールグレイティー
  • 計369㎉

イングリッシュマフィンをなかなか家では食べないので、優雅な朝になりそうですね。

食物繊維が入っているえだまめコーンで、栄養もばっちり摂れますね。

朝から贅沢な気分になるので1日頑張れそうですね。

  • フィレオフィッシュ
  • ヨーグルト
  • コーヒー
  • 計396㎉

揚げ物を食べても、セットのヨーグルトで腸内環境を整えてくれそうですね。

豊富な朝マックのメニューから、おすすめな組み合わせでダイエットしていきましょう!!

また、コーヒーに含まれる成分には脂肪燃焼効果があるのでドリンクとして選びたいですね。

  • マックグリドルベーコンエッグ
  • サイドサラダ(玉ねぎドレッシング)
  • コーヒー
  • 計424㎉

サイドサラダを選べば、マックグリドルベーコンエッグを食べても罪悪感なく楽しめるのでおすすめです。

脂肪燃焼効果のあるコーヒーを選ぶのはダイエットする上でマストですね。

コーヒー以外に爽健美茶や紅茶を選ぶとカロリーを抑えられます。

食欲抑制と代謝を上げるために、なるべくホットを選びましょう!

まとめ

  • 朝マックのおすすめメニューでダイエットできる
  • 低カロリーでおいしいバーガーを選ぼう
  • サイドメニューの選択でカロリーを減らせる
  • サイドサラダのドレッシングは玉ねぎのものを選ぼう
  • ドリンクでジュースを選ばない
  • 温かいコーヒー紅茶お茶を選ぼう
  • 朝マックでも高カロリーなバーガーがある
  • 組み合わせ方でダイエット効果を高められる

朝マックのおすすめメニューでダイエットできそうですね。

朝マックのおすすめメニューには、ほとんど卵も入っています。

マックといえどもマフィンとハムエッグを食べていると考えると、あまり罪悪感なく食べられそうですね。

卵などのたんぱく質は筋肉を作るうえでも必要なエネルギーとなるので、筋肉を作りや代謝をあげることがダイエットにもつながります。

朝マックを食べるだけでダイエットはできませんが、メニューの組み合わせ次第で罪悪感なく楽しめますよ。

菓子パンで済ます朝ごはんでなく、朝マックのおすすめメニューでダイエットしながら、朝を満喫しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました