ロータスビスケットは食べ過ぎるほどハマる!?カロリー爆弾の正体とは?

暮らし

ほっと一息つきたい時のブレイクタイムで、あなたはコーヒーや紅茶のお供に何を選びますか?

私の定番のお供といえば、ロータスカラメルビスケット♪

ロータスカラメルビスケットは、ベルギー生まれの甘いビスケットです。シナモンの風味とザクザクした食感が特徴的ですよね。

コーヒーとの相性が抜群なのに、さらに紅茶にもよく合う万能なお供です♪ついつい食べ過ぎてしまうので注意が必要ですが(笑)

シナモンの香りがクセになり次々と口に運んでいると、気づいたら食べ過ぎてほとんど残っていない!なんてことも少なくありません。

そのままでも美味しいですが、アレンジした食べ方やパンに塗って食べるスプレッドもあり、そちらも人気となっています。

食べ過ぎてしまうほどハマる人が続出しているロータスビスケット。人気の理由を、一緒に探っていきましょう!

//

ロータスビスケットは食べ過ぎ注意!!原材料やカロリーは?

ロータスカラメルビスケットを食べたことはありますか?

簡単に説明すると、シナモンの香りとカラメルの風味が絶妙で、ついつい食べ過ぎてしまう危険なビスケットです(笑)

そんなカラメルビスケットは、80年ほど前にベルギーにあるロータス社のオリジナルビスコフとして生まれました。

ビスコフ(Biscoff)とは、Biscuit for Coffee(コーヒーのためのビスケット)の略で、ロータス社の持つ商標のことです。

要するに、ビスコフとはコーヒーとよく合うように作られたビスケットをさします。

Every coffee needs a Lotus 全てのコーヒーにロータスを

引用:ロータス公式HP

ロータスはこのようなスローガンも掲げており、ロータスビスケットはコーヒーと一緒に食べることが前提となっているようですね。

そしてこの言葉通り、ロータスカラメルビスケットはコーヒーとの相性が抜群です!本当においしい♪

けれど、正直なところ、私は初めて食べた時あまりおいしいとは思いませんでした。

元々シナモンが得意ではないからだと思いますが、シナモンの香りを強く感じたのです。

公式サイトでは「ほのかなシナモンの香り」とありますが、意外と香る印象なのでシナモンが苦手な方は気になると思います。

しかしながら、先ほどからお話ししている通り、相性が抜群とされるコーヒーを一口飲んでみると、あら不思議♪

シナモンとコーヒーの香りが合わさって、とても香ばしい風味とあとを引くおいしさを感じ、すぐにハマってしまいました。

シナモンの香りも慣れてしまえば、逆にそれがクセになり、ついつい食べ過ぎてしまうのも頷けます。

海外のお菓子によくある油っぽさやクドさも無く、甘すぎるということもありません。

使用されている原材料はずっと変わらずシンプルなままで、素朴な味であることも人気の理由の1つになっています。

原材料について

引用:ロータス公式HP

では、カラメルビスケットの原材料とは一体何なのでしょうか?何か特別なものでも含まれているのでしょうか?

オリジナルカラメルビスケットの原材料
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 植物油脂
  • シュガーシロップ
  • 大豆粉(遺伝子組み替えでない)
  • 食塩
  • シナモン
  • 膨張剤

これを見てわかるように、特別なものはおろか、カラメルビスケットの原材料は至ってシンプルなものです。

卵や乳製品、化学調味料などの余計な添加物は使用されていません。食生活に気を遣っている人におすすめです!

特に、卵や乳製品にアレルギーを持つ人や、ヴィーガンと呼ばれる“完全菜食主義者”の場合でも安心して食べられますよ♪

そのため、世界中のレストランやホテル、飛行機内などのサービスでも使用され、さまざまなシチュエーションで楽しまれています。

基本的にヴィーガンは動物性の食品を避けるので、卵や乳製品に加え蜂蜜も口にしないのです。

カロリーについて

次に、カロリーはどうなっているのでしょうか?油断すると食べ過ぎてしまいがちなので、カロリーは気になるところです。

オリジナルカラメルビスケットの100gあたりの栄養成分
  • エネルギー 481kcal
  • タンパク質 4.9g
  • 脂質 19.0g
  • 炭水化物 72.6g
  • ナトリウム 370mg

1枚あたりに換算すると、1枚で約6gのビスケットに対しておよそ30kcalなので比較的高カロリーなのが分かります。

さらに、砂糖や小麦粉を主に使用したビスケットなので、糖質も必然的に高くなります。

ですので、カラメルビスケットを食べる時には1〜2枚にしておくのが無難です。

多くても3枚で止めなければ高カロリー&高糖質となってしまうので注意しましょう!

包装について

ロータスビスケットは、1枚ずつ個包装されているものと、全部まとめて包装されているものがあります。

オリジナルビスケットの内容量と価格
  1. 50枚入り(個包装) 内容量:312.5g 
    希望小売価格 ¥630(税抜)
  2. 25枚入り(個包装) 内容量:156g
    希望小売価格 ¥340(税抜)
  3. 250g入り 内容量:34枚
    希望小売価格:¥310(税抜)

*他にもまだ種類はあるので、気になる場合は公式サイトなどをご覧ください

販売店でよく見かけるのがこちらの3種類だと思います。個包装のものと、そうでないものが販売されていますがご存知でしたか?

個包装は今のご時世的にも安心ですし、持ち運びや保存にも便利でとても助かりますよね。

さらに、ロータスビスケットは1つ1つの袋に賞味期限と成分表が記載されているのです!こういった配慮があると嬉しいものです。

しかし、その成分表が貼り付けられているおかげで、力任せに真ん中から包みを開けてしまうと、中のビスケットが割れてしまいます。

かといって、端から開けようとしても包みが途中で切れてしまって、うまく開けられないことがあります。

ですので、ストレス無く個包装の包みを開ける方法を紹介しますね。ハサミも不要です!

  1. クッキーを縦向きにして、原材料が書かれた面を表(上向き)にして置く
  2. 包みの端に、折り曲げられた部分があるので、そこの折り目を広げる。
  3. 広げたところを折り目に沿って、上から下に引いて開ける

こうすることで、ビスケットが割れてしまったり、包みが中途半端に切れて開けにくくなったりすることを避けることができますよ♪

ロータスビスケットにはチョコもある!?【期間限定】

ロータスカラメルクッキーには、上からチョコレートをかけたチョコレートバージョンもあることをご存知ですか?

実は、このチョコカラメルビスケットは1年のうちで冬季にのみ販売される期間限定品なのです!

引用:ロータス公式HP

チョコレートバージョンはこの1種類のみで、3枚1包みになったものが7つ入って(154g)、希望小売価格が¥500(税抜)です。

ザクザクした食感のカラメルビスケットに、甘過ぎないチョコレートがかけられて絶妙なハーモニーを味わうことができます。

チョコレートのおかげで、少ししっとりとした食感に変化しているのも面白いポイントです♪

では、原材料はどうなのでしょうか?

チョコカラメルビスケットの原材料
  • 小麦粉
  • 糖類(砂糖、シュガーシロップ)
  • チョコレート(砂糖、カカオマス、ココアバター、脱脂粉乳、バターオイル)
  • 植物油脂
  • 大豆粉
  • 食塩
  • シナモン
  • 膨張剤
  • 乳化剤(大豆由来)

通常のカラメルビスケットに比べると、どうしても原材料の種類も増えてしまいますが、他のチョコレート菓子に比べたら断然シンプルですよね。

次に、栄養成分はどうなっているのか見ていきましょう。

チョコカラメルビスケットの100gあたりの栄養成分
  • エネルギー 497kcal
  • タンパク質 5.4g
  • 脂質 22g
  • 炭水化物 70.2g
  • 食塩相当量 0.7g

1枚あたり約7gのビスケットに対しておよそ34kcalなので、これは高カロリーですね(泣)

甘さと少しの塩気のバランスが良いので、ついつい食べ過ぎてしまいがちなのですが、多くても2枚でやめておくのが無難です。

できれば1日1枚にしておきましょう…。

毎年、このチョコカラメルビスケットの販売を心待ちにしているファンも多く、店舗では売り切れが続出しています。

限られた期間しか購入できない上に、売り切れで手に入らないとなると、残念で仕方がないですよね…。

しかし、安心してください!通常のカラメルビスケットにチョコを付けるだけで、チョコカラメルビスケットに近い味を再現できますよ♪

他にも美味しいカラメルビスケットのアレンジがあるので、いくつか紹介していきますね。

ロータスカラメルビスケットのアレンジレシピとは!?

ロータスカラメルビスケットには、たくさんのアレンジレシピがあります。

そんな数あるレシピの中から、実際に私がやってみて美味しかったと思うもの5つを紹介していこうと思います。

カラメルビスケットに添えて一緒に食べるだけの超簡単なアレンジから、お菓子作りの材料としてカラメルビスケットを使うレシピまで!

どれもお手軽で簡単にできるものばかりなので、是非お試しください♪

さらに、ロータス公式HPやクックパッドなどのレシピサイトでも、ロータスカラメルビスケットを使用したレシピが紹介されています。

いつもと違った味わいを楽しみたい時など、参考にしてみてください。きっと新たな一面が見つかりますよ。

1.コーヒーに浸す

コーヒーをオーダーすると、シナモンスティックが添えられて出てくることがありますよね♪

それだけコーヒーとシナモンの相性は抜群なのです。

がっつり浸しすぎるとビスケットが崩れて、コーヒーの中に落ちてしまう恐れがあるので、崩れない程度に浸しましょう。

コーヒーも豆を変えたり、ブラックだけでなくカフェオレにしてみるなど、いろいろな種類で試してみるのも楽いですよ。

2.チョコレートにディップする

市販のチョコレートをレンジなどで溶かしたものに、ビスケットを付けて食べます。

そのままチョコレートだけを溶かしても良いのですが、少し牛乳や生クリームを入れて溶かすとまろやかになるので、おすすめです。

ビターチョコにすると、チョコカラメルビスケットにより近い味わいになりますよ♪

他にも、砕いたナッツ類を入れると食感や風味が変化して面白いですよ!是非、試してみてください。

3.アイスクリームに添える

アイスクリームをお皿に出してディップしても良いですし、交互に口に運ぶのでも何でもOKです。

1番のおすすめは、バニラアイス!バニラとシナモンの香りが合わさって、より豊かな風味が生まれますよ♪

さらにコーヒーがお供にあれば、何も言うことはありません!ただ、カロリーだけはものすごく高くなるので、心して臨んでください(笑)

4.チーズケーキの土台(ボトム)にする

チーズケーキを作るときに、普段だと土台にはバタークッキーや少し塩気のあるリッツなどのクラッカーを使用することが多いですよね。

その代わりにカラメルビスケットを土台に使用すると、シナモンの風味がアクセントになって、いつもと違った仕上がりに♪

ベイクドチーズケーキだけでなく、レアチーズケーキでもあえて土台を作ってみたり横に添えてみたりするのもおすすめです。

5.ロータスブラウニー

ブラウニーを作る時に、最後にカラメルビスケットを生地の上に乗せて焼くだけの簡単レシピです。

2020年頃、SNSを中心に「おしゃれで美味しい♪」と話題になりました。

カラメルビスケットのシナモンが、ブラウニーのカカオの風味とよく合ってコーヒも進みます。

他にもブラウニーだけでなく、ガトーショコラなどのチョコレート生地のケーキなら同様にできるアレンジです。

作るのが面倒であれば、市販のブラウニーと一緒に食べるのでも良さそうですね。

ロータスビスケットスプレッド クランチとは!?カルディで発見!

実は、ロータスカラメルビスケットには、パンなどに塗って食べるスプレッドタイプもあります。

カラメルビスケット同様に、カルディをはじめとする輸入食品を扱うショップや、成城石井、イオンなどの大手スーパーで販売されています。

しかしながら、大手スーパー以外で取り扱いは少ないように感じます。実際に、私の住む地域のスーパーでは見かけたことがありません。

ですので、私は基本的にカルディで買うことが多いです。他には、Amazonなどの通販でも販売されています。

このビスケットスプレッドは、パンはもちろんですがパンケーキやワッフルにつけるとスイーツ感が増して、幸せ度も上がりますよ♪

さらに、ピーナッツバターのようにお菓子作りの材料としても使えるので、幅広く楽しめるビスケットスプレッドです。

海外ではスプーンで掬ってそのまま食べる人もいるのだとか!?

このビスケットスプレッドには2種類あるので、順番に紹介していきますね。

ロータスビスケットスプレッド スムース 200g

引用:ロータス公式HP

商品のネーミング通りなめらかな舌触りが特徴で、カラメルとシナモンの風味はまさにカラメルビスケットそのものです。

こちらのビスケットスプレッドもカラメルビスケット同様にシンプルな原材料となっています。

ロータスビスケットスプレッド スムース 原材料
  • カラメルビスケット
    (小麦粉、砂糖、植物油、シュガーシロップ、大豆粉、食塩、シナモン)
  • 植物油
  • 砂糖
  • 乳化剤
  • 酸味料
  • 膨張剤(一部に小麦・大豆含む)

原材料名は含有量の多い順に記載するのが決まりなのですが、こちらはカラメルビスケットが1番に記載されています。

主成分がカラメルビスケット!このようなスプレッドは他に例を見ない、斬新なアイデアですよね。

さらに注意すべきところは、乳化剤が使われているところです。

乳化剤は「乳」という文字が含まれているため、乳由来の原料を使用していると勘違いされてしまうことが多々あります。

しかし、実際乳化剤の原材料はまちまちで、「乳化剤」とだけ記載されているものは何を使用しているのか分かりません。

そのため、このスプレッドの場合は植物由来なのか動物由来なのかも判断できないので、ヴィーガンの商品だとは断言できないのです。

ちなみに乳化剤とは、水と油のように本来混じり合わないものどうしを混じり合わせる役割があります。

次に、気になるカロリーですね!なんとなく高いのは想像できますが(笑)

ロータスビスケットスプレッド スムース
100gあたりの栄養成分
  • エネルギー 584kcal
  • タンパク質 2.9g
  • 脂質 38.1g
  • 炭水化物 57.8g
  • 食塩相当量 0.5g

大さじ1杯(約15g)で約87kcalという衝撃の事実…驚くほどのカロリー爆弾です。

それだけ濃厚で美味しいのですが、やはり食べ過ぎには気をつけたいところですね。

パンなどに塗って食べる時は、少なめで薄く伸ばして食べるのが良さそうです。少なめでも満足感は十分得られますよ!

FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店
¥498 (2022/01/22 17:26時点 | 楽天市場調べ)

ロータスビスケットスプレッド クランチ 190g

引用:ロータス公式HP

こちらは、先程のスプレッドビスケットに砕いたカラメルビスケットを混ぜたような、ザクザクとした食感が楽しめるスプレッドです。

カラメルビスケットさをより感じたい場合は、スムースよりこちらのクランチの方がおすすめです。

ロータスビスケットスプレッド クランチ 原材料
  • カラメルビスケット
    (小麦粉、砂糖、植物油、シュガーシロップ、大豆粉、食塩、シナモン)
  • 植物油
  • 砂糖
  • 乳化剤
  • 酸味料
  • 膨張剤(一部に小麦・大豆含む)

原材料はクランチもスムースと同じで、カラメルビスケットの配合比率が違うだけのようです。

ですので、こちらもスムース同様にヴィーガンであるとは、判断はできかねるのです。

ロータスビスケットスプレッド クランチ
100gあたりの栄養成分
  • エネルギー 571kcal
  • タンパク質 3.2g
  • 脂質 35.7g
  • 炭水化物 59.7g
  • 食塩相当量 0.6g

スムースとクランチは原材料の配合比率が異なるので、栄養成分も少し変わってきます。

カロリーに関しては、このクランチの方が若干ですが低くなっていますね。

それでも、大さじ1杯(約15g)でおよそ85kcalなので、カロリー爆弾であることには変わりありません。

ザクザク感がクセになって、次から次へと使ってしまいがちなので本当に気を付けて食べるようにしましょう。

私もバゲットに塗っては食べて、また塗っては食べて、と夢中で繰り返したことがありますが、現実に戻ったときの後悔たるや…。

私のようにならないためにも、食べる量には十分気をつけてくださいね!

まとめ

  • ロータスカラメルビスケットは、食べ過ぎてしまうほど美味しいと世界中で人気のビスケットである
  • ロータスカラメルビスケットとは、ベルギー生まれのビスケットである
  • ロータスカラメルビスケットは、コーヒーと一緒に楽しむために作られた焼き菓子である
  • ロータスカラメルビスケットは、ヴィーガンでも食べられるシンプルな原材料から作られている
  • ロータスカラメルビスケットは、1枚あたり約30kcalである
  • 毎年、冬季限定でチョコカラメルビスケットが販売される
  • ロータスカラメルビスケットを使ったアレンジレシピも人気がある
  • カラメルビスケットを原材料に使用したカラメルビスケットスプレッドがある
  • カラメルビスケットスプレッドにはスムースとクランチの2種類がある

食べ過ぎてしまう人が続出するほどの人気の理由ですが、どれも納得のいく内容だったのではないでしょうか?

こんなにもシンプルな材料で作られたお菓子で、これだけ世界中で愛されているものは他にありませんよね。

もし、まだ食べたことがないのであれば、是非食べてみてください。きっと、食べ過ぎるほどハマってしまうこと間違いなし!

もちろんコーヒーを忘れずに。より一層楽しむことができますよ♪

¥410 (2022/01/22 17:29時点 | Yahooショッピング調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました