ミーゼスカルプリフトとアクティブやプラスの違いを比較!口コミも!

ミーゼスカルプリフトとアクティブやプラスの違いを比較!どっちがおすすめ?口コミも!

パパの健康、おしゃれ

この記事にはプロモーションが含まれます。

 

 

スポンサーリンク
私

マスクを外した時、顔がもたついてる気がする。

その悩み、頭の筋肉が硬いことが、原因かもしれません。頭と顔は、1枚の皮と筋肉で繋がっているため、頭の筋肉の衰えは顔のもたつきに繋がるのです。

そこで、私が気になるのは頭と顔が1台でリフトケアできるミーゼスカルプリフト!

しかし、ミーゼスカルプリフトには「アクティブ」や「プラス」がありますが、何が違うのでしょう?

調べてみると「ミーゼスカルプリフト」と「アクティブ」の違いにはEMSパワー、「プラス」はフェイスアタッチメントに違いがあります。

この記事では、「ミーゼスカルプリフト」と「アクティブ」や「プラス」との違い、使い方や口コミを紹介します。

ミーゼスカルプリフトシリーズの違いを確認し、自分に合ったシリーズを見つけ、マスクのいらない顔を目指しましょう♪

スポンサーリンク

ミーゼスカルプリフトとアクティブやプラスの違いを比較!

ミーゼスカルプリフト」と、「アクティブ」の違いは、EMSのパワーと本体カラーです。

2022年6月に新モデル「スカルプリフトプラス」「スカルプリフトアクティブプラス」が発売開始。

旧モデルである「スカルプリフト」「スカルプリフトアクティブ」は、2023年7月現在、生産を終了していますが、まだ在庫が販売されています。

新旧4つのシリーズの違いを、表でまとめてみましたので、こちらをご覧ください。

商品名スカルプリフトスカルプリフト
プラス
スカルプリフト
アクティブ
スカルプリフト
アクティブプラス
定価33,000円36,300円49,500円59,400円
新旧モデル旧モデル(2020年発売)
→生産終了
新モデル(2022年発売)旧モデル(2021年発売)
→生産終了
新モデル(2022年発売)
型番MS-80WMS-82WMS-80GMS-82G
本体カラーホワイトホワイトグレーグレー
アタッチメントフェイス・スカルプフェイス・スカルプ
(リフト体感UP)
フェイス・スカルプフェイス・スカルプ
(リフト体感UP)
EMSスカルプ:低周波
フェイス:低・中周波
スカルプ:低周波
フェイス:低・中周波
スカルプ:低周波
フェイス:低・中周波
スカルプ:低周波
フェイス:低・中周波
EMSの体感1倍1倍2倍2倍
レベル段階3段階3段階6段階6段階
モードスカルプモード
フェイスモード
スカルプモード
フェイスモード
スカルプモード
フェイスモード
スカルプモード
フェイスモード
対応部位顔・首・
デコルテ・頭皮
顔・首・
デコルテ・頭皮
顔・首・
デコルテ・頭皮
顔・首・
デコルテ・頭皮
防水レベルIPX5IPX5IPX5IPX5
連続使用時間約30分約30分約30分約30分
サイズ約W54×D180×H56mm約W54×D180×H56mm約W54×D180×H56mm約W54×D180×H56mm
重さ約125.5g約125.5g約125.5g約125.5g
ミーゼスカルプリフトシリーズの比較 税込み価格で表示

旧モデル「ミーゼスカルプリフト」シリーズと、新モデル「プラス」シリーズの違いは、フェイスアタッチメントのリフト体感が約144%にアップしたこと!

そのため、価格は新モデル「プラス」の方が、旧モデルと比較すると高くなっています。

ここからは、「違うところ」と「同じところ」に分けて、ミーゼスカルプリフトシリーズの特徴について解説していきます♪

比較:EMSパワーの違い

引用:myse公式

「ミーゼスカルプリフト」は、レベルが3段階なのに対し「アクティブ」は、6段階に調節可能。さらに、「アクティブ」は、EMS体感2倍にアップしています!

また、「ミーゼスカルプリフトプラス」は3段階、「アクティブプラス」は6段階となっており、旧モデルと同様です。

頭皮が硬い場合は、高レベルでの使用がおすすめですが、EMSの刺激がどのようなものか、初めての場合は怖いですよね。

「アクティブ」は、EMSのパワーが2倍にアップしているだけでなく、細かくレベルの調節ができるので、自分に合った刺激を選択することができますよ!

比較:本体カラーの違い

引用:myse公式

「ミーゼスカルプリフト」の本体カラーはホワイトに対し、「アクティブ」はグレーと、カラーに違いがあります。

EMSと同じように、「ミーゼスカルプリフトプラス」はホワイト、「アクティブプラス」はグレーとなっています。

どちらも落ち着いた色合いなので、充電器に刺したまま、出しっぱなしにしていても気になりません。

使うときはすっと取って、使った後は充電器に置くだけ。インテリアにもなじむので、直す手間も省けてめんどくさがりなあなたも、手軽に使用できます♪

比較:フェイスアタッチメントの違い

旧モデルに対し新モデル「プラス」は、フェイスアタッチメントのフィット感がアップしたことにより、リフト体感が144%にアップしています。

顔にフィットすることで肌に密着、スムーズに動かすことができるため、リフトケア効果がアップするのです♪

フェイスアタッチメント

フェイスアタッチメントは、柔らかいシリコーン製。デリケートな顔に、摩擦をなるべく与えないよう摩擦レスで、優しく刺激することができます。

表情筋はさまざまな方向に張り巡らされていますが、フェイスアタッチメントの22本の電極ピンが低・中周波EMSでしっかり刺激!

新モデル「プラス」は、旧モデルよりもブラシのシリコンが、柔らかくフィット。「リフト体感144%」「リフト感満足度92.3%」を実現しています。

スカルプアタッチメント

スカルプは、髪をかき分けられるようヘアブラシのような、しっかりしたアタッチメント。

頭部の薄い筋肉を、スカルプリフト独自の低周波EMS・毎分約7000回という微細な振動で、頭皮を優しく刺激します!

また、ブラシ全体が湾曲しているため、頭皮にフィットした状態でケアができるため、リフト効果しっかりと得ることができます!

共通点:防水+コードレス

引用:myse公式

防水+コードレスなので、お風呂やリビングと、どこでも好きな時間にケアすることができます。

本体は約125gと軽量で、持ち運びしやすいので旅行に持って行くことも可能!

私

忙しくて、美顔器を使う時間なんてないよ。

そんなあなたにも、トリートメントの待ち時間・湯船に浸かりながら・テレビを観ながらなど、「ながらケア」に最適ですよ。

共通点:頭から首までケアできる

首って日頃からケアする人は少ないけれど、意外と年齢が出やすい場所。

ミーゼスカルプリフトシリーズは、頭皮・顔はもちろん首・デコルテまで、1台でケアすることができます。

私

首のシワがあると、年齢よりも老けて見えてしまうのよね。

ミーゼスカルプリフトシリーズで、ながらケアを習慣化し、若見えできれいな首を目指しましょう!

ミーゼスカルプリフトとアクティブやプラスの口コミ

ミーゼスカルプリフトシリーズの口コミには、「ほうれい線が薄くなった」「気持ちが良い」などがありました。

まずは、最新モデルのミーゼスカルプリフトアクティブプラスの、口コミです。

新「ミーゼスカルプリフトアクティブプラス」の口コミ!
  • フェイスアタッチメントは、柔らかくて曲がってくれるので、顔への強い摩擦を感じにくい
  • 美容院のヘッドスパをしたように、気持ちが良い
  • 目の疲れや額に、ピリッとした刺激が気持ちよく、凝り固まった筋肉が解かれるような感覚
  • 毎日使用して1ヶ月経った頃、ほうれい線が薄くなったと感じた
  • レベルMAXは刺激があるので、レベル3くらいが丁度良く感じるが、慣れてきたら上げる余力があるのも良い

「ほうれい線が消える」と、しっかりリフトアップ効果が得られていますね!

頭皮が1㎜下がると、顔は1㎝たるむと言われています。逆を言うと、1㎜上げれば1㎝のリフトアップに繋がるのです!

EMSのレベルに関しては、MAX6レベルは刺激が強いとの口コミがありました。

使い続けると刺激にも慣れてくるため、初めは低レベルから開始。慣れたてきたらレベルアップするようにすると、効果をより得られます。

スカルプケアもフェイスケアも、どちらも効果を実感している口コミが多い印象です♪


次は、最新スタンダードモデルである、ミーゼスカルプリフトプラスの口コミです。

新「ミーゼスカルプリフトプラス」の口コミ!
  • 朝のむくみが気になっていたけど、メイク前に使うとすっきりして血行も良くなるのか、肌が明るくなる
  • 使った日と使わなかった日では、頬のすっきり具合や肌の柔らかさが違うので、毎日欠かせない
  • 新しいタイプの方がブラシのシリコンが、柔らかく感じる、適度な弾力性のまま顔を優しくリフトアップする感じがたまらない
  • 湿布を手放せないほどの肩こりだったけど、いつの間にか湿布がいらなくなっていた
  • 1か月で接触不良になった、物はよかったのに残念

ミーゼスカルプリフトプラスは、旧モデルとの違いはフェイスアタッチメントでしたね!そのせいか、フェイスケアについての口コミが多いです。

使用方法では、入浴時のケアがおすすめと解説しました。しかし、口コミでは朝のケアに使うと、メイク後の仕上がりが全然違うという口コミが気になります。

使用間隔は24時間空けないといけないので、夜か朝の毎日の習慣にするのが良さそうです。

最後の口コミでは、「1か月で接触不良」という、残念な口コミがあります。

すべての「ミーゼスカルプリフト」は入浴中も使用できますが、充電端子が濡れてしまうと故障の原因となります。

入浴時に使う際は、充電端子は濡らさないようにし、濡れている場合は綿棒などで拭き取りましょう!


ここからは、旧モデルの口コミです。まずは旧上位モデル、ミーゼスカルプリフトアクティブについての口コミです。

旧「ミーゼスカルプリフトアクティブ」の口コミ!
  • 今まで使っていた美顔器では限界を感じて購入したが、カチコチだった頭皮の凝りがほぐれた
  • 電気刺激のピリピリ感は、輪ゴムで弾かれるような刺激
  • 鏡の前で顔の片方のみをすると、目の位置が明らかに違った
  • 頭痛がするほどの肩こりがあるが、使用直後は頭から肩にかけて、スーッと軽い
  • EMS初心者でも慣れている人でも、レベル調節ができるからおすすめ
  • 1番気になる口元のたるみは、まだ効果を感じられません

さすが上位モデル「アクティブ」だけあって、頭皮もフェイスも効果実感の口コミ多数です。

「1番気になる口元のたるみは、まだ効果を感じられません」という口コミが、気になりますが、口元のたるみは表情筋の衰えだけが原因ではありません。

「加齢による筋力の衰え」以外にも、「猫背による口元や顎、首の筋肉の衰え」「嚙み合わせ」「紫外線による皮膚のたるみ」なども口元のたるみを引き起こします。

日頃から姿勢や紫外線も対策しつつ、首やフェイスラインも一緒にケアしていきましょう。

首の筋肉をほぐすことで、同時に肩こりなどの悩み解消にも繋がりますよ。


最後は、旧スタンダードモデルのミーゼスカルプリフトです。

旧「ミーゼスカルプリフト」の口コミ!
  • なぜか頭皮は、1番強くしてもあまり刺激を感じない
  • 顔のリフトアップは効果をすぐに感じた
  • MAXレベルで使用しても、痛くない
  • じんわり心地よく、ほぐれる使用感が良い
  • 機能性だけでなく、使いやすさも申し分なく、お風呂で温まった状態で使うと効率的

ミーゼスカルプリフトも、「リフトアップ」や「ほぐれる」と効果を感じている口コミでした。

「なぜか頭皮は、1番強くしてもあまり刺激を感じない」との口コミが気になりますが、先ほどもお伝えしたように、刺激を感じなくても効果がないというわけではありません。

続けてケアすることで、頭部もほぐれていきますよ♪

気になる口コミばかりで、どれを購入するべきか迷ってしまいますね。ここからは、それぞれのシリーズが、どのような人におすすめできるのかを解説します。

私

私には、どのシリーズが合っているかな?

あなたも一緒に、確かめましょう♪

スポンサーリンク

ミーゼスカルプリフトのアクティブやプラスどれがおすすめ?

たくさん種類があると迷ってしまいますよね。

  • ミーゼスカルプリフトアクティブプラス
  • ミーゼスカルプリフトプラス
  • ミーゼスカルプリフトアクティブ
  • ミーゼスカルプリフト

それぞれの商品がどのような人におすすめなのかをまとめました。

ミーゼスカルプリフトアクティブプラスがおすすめな人!

ミーゼスカルプリフトアクティブプラスは、顔も頭もしっかりケアしたいあなたにおすすめです。

最新であり上位モデルのミーゼスカルプリフトアクティブプラスは、EMSパワーと体感アップのフェイスアタッチメントどちらも兼ね備えています。

EMSが初めての人でも、6段階調節が可能なので安心。強いパワーが好きな人にも、初めての使用で不安な人にも満足して使っていただけます。

そのため、スカルプもフェイスも譲れない!どっちもしっかりケアしたい!という、効果をしっかり実感したいあなたには、ミーゼスカルプリフトアクティブプラスがおすすめです。

ミーゼスカルプリフトプラスがおすすめな人!

ミーゼスカルプリフトプラスは、新アタッチメントで、フェイスケアを重視したい人におすすめ!

スカルプケアは、「ほぐれた」や「刺激を感じない」と、効果は人それぞれ。

パワーは「アクティブ」には劣りますが、新モデルであるためフェイスアタッチメントの体感アップしています。

口コミでも、フェイスケアに満足しているというコメントが多く見られました。

フェイスケアをメインで行いたい人には、アタッチメントがリニューアルしているミーゼスカルプリフトプラスがおすすめですよ。

ミーゼスカルプリフトアクティブがおすすめな人!

ミーゼスカルプリフトアクティブは、コストは抑えつつ、しっかりスカルプケアしたいあなたにおすすめです。

フェイスアタッチメントは旧式ですが、「アクティブ」のEMSパワーは変わりません。

しかし、ミーゼスカルプリフトアクティブは型落ち品なため、定価よりも安く購入することができます。

フェイスケアにはあまり興味がないという、あなたは旧モデルであるミーゼスカルプリフトアクティブで、十分かもしれませんよ。

ミーゼスカルプリフトがおすすめな人!

ミーゼスカルプリフトは、とにかく安く使ってみたいというあなたにおすすめです。

こちらも旧モデルであるため定価より安く購入できることがメリット

口コミでも効果を実感していたように、旧モデルとはいえ実力は確かです。

しかし、頭皮は刺激を感じるのが鈍いため、スカルプケアもしたいのであれば、「アクティブ」がおすすめですよ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ヤーマンのスカルプリフトで目の下のたるみ予防ができる。

ミーゼスカルプリフトとアクティブやプラスの使い方

「ミーゼスカルプリフト」と「アクティブ」の使い方は、「使いたい部位を濡らす」「アタッチメントを付ける」「肌に当て動かす」と、とても簡単です。

「ミーゼスカルプリフト」と「アクティブ」は、選択できるレベル段階が違うだけなので、使い方は変わりません。

スカルプモード・フェイスモードの切り替えは、アタッチメントを変えるだけ♪

引用:myse公式

使用目安は、1部位10分を1日合計10分以内で、使用しましょう。また、毎日使用できますが、使用間隔は24時間空けてください。

ここからは、スカルプモード・フェイスモードそれぞれの使い方と、より効果的な使い方について解説します。

スカルプモードの使い方

スカルプモードは、しっかり水で髪が濡れた状態で、ジグザグと動かして使います。

濡らすときに使用できる製品は、シャンプーなど以下の通りです。

水・シャンプー・トリートメント・ヘアローションなど

※オイル・スクラブタイプは使用できません。

それでは、スカルプモードの実際の使い方を、解説していきます!

スカルプモードの使い方
  1. 頭皮をしっかり濡らし、側頭筋周り(こめかみ)をジグザグにゆっくり動かす。
  2. 前頭筋周り(髪の生え際周り)を、ジグザグにゆっくり動かす。
  3. 髪の生え際から後頭部の方向に、引き上げるようにゆっくり動かす。

ポイントは、髪ではなく頭皮をしっかり濡らすこと。刺激を感じにくい場合は、動かすのをやめて刺激を感じる場所を探しましょう。

頭皮には、刺激がほとんど感じられない部位もあります。しかし、刺激がないと効果もない、というわけではありません。

たとえ、刺激を感じなくても、頭部全体をゆっくりほぐしてあげましょう。

頭部により効果を感じたい場合は、「アクティブ」の使用をおすすめしますよ♪

フェイスモードの使い方

フェイスモードは、化粧水やゲルなどでしっかり濡らし、内側から外側に動かします。

濡らすときに使用できる製品は、化粧水など以下の通りです。

水・化粧水・ゲル・パックなど

※オイル・スクラブタイプは使用できません。

フェイスモードの実際の使い方を、解説します。

フェイスモードの使い方
  1. 頬やフェイスラインは、化粧水やゲルなどでしっかり濡らし、内側から外側に動かす。
  2. 額は全体を一気にせず、半分ずつ行う。中心から左右へジグザグにゆっくり動かし、こめかみに流す(反対の額も同様に行う)
  3. 気になる部分に、30秒ほど軽く押しあてる。

軽く水でぬらす程度だと、すぐに蒸発してしまい、効果を感じにくくなってしまいます。

滑りが良くないと、摩擦が刺激になってしまうので、しっかり濡らして滑りを良くして使用しましょう。

ミーゼスカルプリフトシリーズの効果的な使い方

ミーゼスカルプリフトシリーズの、効果的な使い方には「フェイスマスク・パックをしながら使う」など、以下の3点があります。

効果的な使い方
  • フェイスマスク・パックをしながら使う
  • トリートメントの待ち時間に使う
  • 湯船に浸かりながら使う

フェイスパックを使用すれば、水分をパックが十分に含んでくれているため、何度も濡らす必要がありません。

また、摩擦が気になる場合は、パックの上から使用することをおすすめします♪

フェイスアタッチメントは、摩擦レスな柔らかブラシなので、もちろんそのままの使用でも大丈夫ですよ。

そして、スカルプリフトシリーズは、トリートメントを使用しながらのケアが可能です。

私

トリートメントって、5~10分置かないといけないから、その時間ヒマなのよね。

このように考えているあなたは、トリートメントの待ち時間を、ケアする時間に充てましょう。

頭皮もしっかり濡れているため、リフトアップ効果をしっかり感じられ、髪もトリートメントできれいになれば一石二鳥です。

さらに、湯船に浸かりながら使うと、頭皮や身体が温まった状態でケアすることができ、より効果的に使うことができます。

しかし、充電端子は防水ではないため、水中に沈めたり、流水を3分以上当て続けると故障の原因となります。

浴室で使用する際は、落とさないように注意し、充電端子の水滴は綿棒などで拭き取るようにしましょう。

まとめ

  • 「ミーゼスカルプリフト」は、レベルが3段階に対し、「アクティブ」はEMSのパワー体感が2倍になり、6段階調節可能という違いがある
  • 本体カラーは、「ミーゼスカルプリフト」がホワイト、「アクティブ」がグレーという違いがある
  • 2022年6月に新モデル「スカルプリフトプラス」「スカルプリフトアクティブプラス」が発売開始され、旧モデルは生産を終了している
  • 旧モデル「ミーゼスカルプリフト」と、新モデル「プラス」の違いは、フェイスアタッチメントのリフト体感が約144%にアップしたこと
  • 「ミーゼスカルプリフト」も「アクティブ」も、選択できるレベル段階が違うだけで、使い方は変わらない
  • スカルプモードは、頭皮をしっかり濡らしジグザグと動かし、フェイスモードは、肌をしっかり濡らし内側から外側に向かって動かす
  • 効果的な使い方は「フェイスパックをしながら使う」「トリートメントの待ち時間に使う」「湯船に浸かりながら使う」がある
  • ミーゼスカルプリフトシリーズの口コミには、「ほうれい線が薄くなった」「目の位置が違う」「ほぐれた」など効果実感の口コミ多数
  • フェイスケア重視は新モデル「プラス」、スカルプケアもしっかりしたい場合は「アクティブプラス」がおすすめ
  • 頭皮ケア重視は「スカルプリフトアクティブ」、とにかく安さ重視は「スカルプリフト」がおすすめ

「とにかく効果を感じたい!」というあなたには、フェイスケア体感144%アップと、EMSパワーアップをしている「スカルプリフトアクティブプラス」を迷わずおすすめします。

私は、価格も抑えつつ効果はしっかり、特にスカルプケアに興味があるため「スカルプリフトアクティブ」が、1番気になりました♪

自分が何のケアを重視したいかと、スカルプリフトシリーズの違いを理解することで、自分に合った物を選ぶことができますね。

旧モデルはすでに生産が終了しており、在庫のみの販売です。旧モデルが気になるあなたは、急いで在庫をチェックしてください!

長いマスク生活の中で、凝り固まってしまった筋肉をほぐし、たるみとはもうお別れ!自信を持って、マスクを外しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました