カルディのシナモンロールはレンジと自然解凍どの食べ方も美味しい!!

暮らし
スポンサーリンク

カルディで大人気の商品といえば、冷凍のシナモンロール。このカルディのシナモンロールを、先日遂にゲットしました!しかし、冷凍パン自体あまり馴染みのない私。

冷凍パンて、どう解凍したらいいんだろう…。

解凍に失敗して、せっかくの美味しいシナモンロールが台無しになってしまったら嫌ですよね。

パッケージを見ると、室温での自然解凍も、レンジでの解凍も大丈夫なようです。しかし、一体どっちの解凍方法が美味しいのでしょうか。

調べてみると、自然解凍派とレンジ派と別れていて、どちらにもそれぞれ違う美味しさがあるようです。

また、解凍にプラスして「焼き」の作業を入れることでさらに美味しく食べる方法もありました。

自然解凍とレンジで解凍した時の違いを知って、あなたもカルディのシナモンロールを美味しく食べましょう♪

スポンサーリンク

カルディのシナモンロールはレンジと自然解凍どっちが良い?

カルディのシナモンロールの温め方は、自然解凍か、電子レンジで温めるかの2つがパッケージに記載されています。

1つだけシナモンロールを買った時、きっとあなたもこう思いますよね。

どっちの方が美味しいんだろう…。

そこで、二つの温め方でそれぞれ食べ比べてみました!

そして、さっそく結論から申し上げますと、どちらも美味しいです(笑)

レンジ解凍、自然解凍、それぞれに良さがあるので、ご紹介しますね。まずはすぐに食べられるレンジ解凍の方からお伝えします。

冷凍シナモンロールはレンジでジュワうま!

カルディのシナモンロールには、調理方法として「自然解凍をしてお召し上がりください」と書いてあります。しかし、室温で自然解凍をするには2~3時間が必要です。

そんなに待っていられない!ということで、計画性のない私は、すぐに食べられるレンジから試してみました!温め方はこちら。

電子レンジの温め方
  1. 袋から取り出し、お皿に乗せる
  2. ラップをかけずに、500Wで70秒、600Wで1分温める

なんとも短時間で調理ができるありがたさ。温めた後のシナモンロールがこちらです!

レンジから出した瞬間シナモンがフワッと香り、食欲をそそります。フロスティングが少し溶けて、ツヤツヤしています。

持ってみた感じはかなり柔らかく、少し強く持つと潰れてしまいそうです。食べやすい大きさにカットして、フォークで食べても良いかもしれません。

さてさて、お味の方はどうかなとパクり。うん、とっても美味しいです!

見た目の通り、パンからフロスティングやシナモンがジュワっと出てきて、生地はしっとり&モチモチ。そしてバターの風味を感じられるので、ジューシーさもあります。

甘さはと言いますと、正直かなり甘いです。ガツンと来る甘さです(笑)でも、その分シナモンの香りも強いので、それぞれの強さがバランスよく相まって、深い味わいになっています。

切った中身がこちら。シナモンの縞々が溶けて濃くなっているのがわかりますでしょうか。

少し食べるだけでも満足できるしっかりした味で、気持ちもたっぷり満たしてくれました。

ちょっと甘いものが食べたいという時は、カットして少量をレンジで温めるのもいいかもしれません。

冷凍パンでこんなに美味しいの?と思うほど、想像をはるかに超えた美味しさでした。ここで、電子レンジで温める際のワンポイントをご紹介。

電子レンジで温める時のポイント
  • 温めすぎない
  • ラップをかけない

温め過ぎでしまうと、フロスティングがドロドロに溶けてしまうのと、パンの水分も蒸発し過ぎてしまうのでジュワっと感が減ってしまいます。

おすすめは記載よりも10秒程短めに温めて、足りなければ数秒づつ加熱する方法。これなら温め過ぎを防いで美味ししく食べられますよ。

また、ラップをかけると溶けたフロスティングががくっついてしまうので、ラップはかけずに温めましょう。

夏は温かいシナモンロールに冷たいアイスコーヒーを合わせると、家が散らかっていることも忘れられるほど幸せな気分になれました(笑)

仕事や、家事や育児でお疲れのあなたは、温かいシナモンロールで、ホットする時間を作ってみてくださいね。

冷凍シナモンロールは自然解凍でふんわり!

カルディのシナモンロールには、パッケージに「自然解凍をしてお召し上がりください」とあり、正規の解凍方法はこちらのようです。解凍方法はこちら。

自然解凍の方法2種類
  • 室温に2~3時間置いておく
  • 冷蔵庫に一晩置き、その後常温に3分ほど置く

早く食べたい場合は室温で、翌日などに食べたい時は冷蔵庫での解凍がおすすめです。

前の晩に冷蔵庫に入れておけば、翌朝の朝ごはんにピッタリ。

朝起きたらすぐに冷蔵庫から出し、着替えなどをしている間に常温に戻しておくと、フロスティングが柔らかくなり、美味しく食べられますよ。

さて、常温で自然解凍したシナモンロールがこちら。

電子レンジで温めた時よりしっかりしています。レンジの時はやわモチっという感じでしたが、こちらはよりパンらしさがあり、ずっしりしています。

水分が保たれている分、しっかりしているようですね。

私は冷蔵庫で解凍していたので、少し冷たさもあり、「パサつくかな?」と思っていました。

しかし、一口食べてびっくり!めちゃくちゃしっとりしています!

若干冷えているのもあり、パンというよりは、お菓子を食べいるような印象。レンジで温めた時よりも甘さは強く感じず、デニッシュ生地とフロスの甘さのバランスが良い感じです。

シナモンの香りもレンジ解凍の時よりは弱く、デニッシュの風味と一緒にまとまっています。

甘味、シナモンの香り、バターの香り、どれもレンジよりも弱いですが、その分さっぱりしていて食べやすいです。しっとりした焼き菓子に似ています。

切った中身はこちら。縞々がしっかり入っています。レンジよりもつぶれていないのがわかりますでしょうか。縞々の間に空間があるのがレンジの時と違いますね。

夏場は冷蔵庫で解凍をして、あえて若干冷たいシナモンロールを食べても良いかもしれません。しっとりしてるので、冷たくてもとても食べやすいですよ!

レンジ解凍も美味しかったですが、こちらは手でも手軽に食べられるのも良いとろ。

ピクニックなどに冷凍のまま持ち歩けば、その時間に解凍ができ、夏場でも痛む心配がないので重宝しそうですね。

こんな美味しいシナモンロールが放置するだけで食べられるなんて、嬉しい限りです!忙しあなたも、おやつにぜひ利用してみてくださいね。

カルディのシナモンロールはトースターでも温められる?

電子レンジで温める方法と、自然解凍するやり方をお伝えしましたが、実はカルディのシナモンロールはそれ以外にも美味しく食べる方法があるようです。それが、「焼き」の工程を入れること。

美味しそうではあるけど、冷凍パンってトースターで焼けるの?

そこで、トースターで美味しく焼きの工程を入れるためのやり方をお伝えします!

トースターで上手に焼く方法
  1. 電子レンジで500wなら50秒、600wなら40秒チン
  2. オーブントースターで1~2分温める
  3. 出来上がり

実は、冷凍パンをそのままトースターに入れて焼くと、外側だけが熱くなり中が冷たいままになってしまいます。

規定の秒数よりも短めにレンジで温め、その後トースターで軽く焼く方法がおすすめです。

もちろん自然解凍のものを焼くこともできます。その場合は中まで温めるためにアルミホイルで全体を包んで5分ほど焼き、最後にアルミをとって1~2分焼くのがおすすめです。

アルミホイルで包む際は、フロスティングにつかないようにフワッと包みましょう。

とは言ったものの、実際にやってみるとカルディのシナモンロールは高さがあるため、トースターに当てずにフワッと包むのが難しかったです(笑)

そこで、シナモンロールを半分に切り、そのままトースターで2分半焼きました。フロスティングは多少溶けますが、それはそれで美味しいですし、中までちゃんと温まっていました。

トースターで焼くと外側が香ばしくなり、よりパンらしさがアップします!自然解凍はお菓子のような印象でしたが、こちらはパン屋さんで買ったシナモンロールのような感じ。

温かさも加わり、外側が少し硬くなるので歯ごたえもあり、しっかり食事として食べられます。香ばしさが好きなあなたは、ぜひこの焼きの工程を入れてみてくださいね♪

また、フロスティングが溶けるのが嫌なあなたは、自然解凍の後にフライパンで底だけ焼くのもおすすめ。

パンの底面がパリッとして香ばしく、フロスティングはパンのほのかな温かさで少し溶けている状態。とっても美味しく食べられますよ!

せっかくの美味しいカルディのシナモンロールなので、少し余裕のあるティータイムなどは、トースターやフライパンを使ってより美味しく食べてみるのもいいですね。

カルディシナモンロールの食べ方のおすすめは?

それだけでも美味しいカルディのシナモンロールですが、ひと手間かけてさらに美味しく食べてみませんか?

おすすめの食べ方は、カルディのシナモンロールをレンジやトースターで温めた後に、アイスを添えるレシピ。

冷&温のデザートになり、カフェに行ったような満足感が得られます。

見た目もおしゃれになり、テンションがあがりますよ!

もう一つのおすすめしたい食べ方は、バナナを添えるレシピ。トースターで焼く場合はバナナも一緒に焼くとより美味しいですよ。

バナナはシナモンとの相性が抜群。バナナやシナモンロールに追加でシナモンパウダーをかけると、よりスパイシーになり大人のデザートに。お手軽なので、ぜひ試してみてください!

ちなみに、カルディのシナモンロールは輪郭がはっきりしたお菓子です。このようなお菓子には、ダークローストのコーヒーがおすすめですよ。

美味しいコーヒーと、自分の好きな食べ方のシナモンロールで、至福のハーモニーを味わってみてください♪

カルディシナモンロールの値段や賞味期限は?

美味しい美味しいと言ってきたカルディのシナモンロールですが、お値段や賞味期限はどうなっているのでしょうか?それがこちらです。

  • 値段…259円(税込)
  • 賞味期限…製造から180日
  • カロリー…416kカロリー

ちなみにIKEAの冷凍シナモンロールは6個で550円(税込)、スターバックスのシナモンロールは1つ270円(税抜)です。

スタバのシナモンロールはリニューアル後小ぶりになっているので、大きさと値段を考えるとカルディは妥当な線をいっていると思います。

そして、味を加味して考えるととってもお得です!

カロリーは…、はい、高いです(笑)しかし、たまにはカロリーなんか忘れて、思い切りスイーツを楽しむの日があっても良いのではないかと思います。

または、冷凍の良さを生かして、食べる分だけを切って解凍するという裏技もありますよ。残した分はラップに包んで乾燥しないように保存しましょう。

冷凍だから、小分けができるのも嬉しいね!

普通のパンは、食べずにいるとすぐにカビてしまったり、パサついたりしてしまいますが、冷凍パンはその心配がないのが嬉しいところです。

甘いものが食べたい!という衝動にかられた時、幼い子供がいる私は、サクッと買いにくなんてことができません。

そのため、この冷凍のシナモンロールが冷凍庫に待機しているだけで、なんだが幸せな気分になります。

私のように中々外出できない環境にいるあなたは、ちょっとした楽しみにぜひストックしておくことをおすすめします♪

カルディはオンラインショップもあるので、近くにお店がない方はそちらも利用してみてくださいね。

まとめ

  • カルディのシナモンロールはレンジ解凍と自然解凍の両方ができる
  • レンジ解凍だとシナモンやフロスティングが溶け、ジュワっとした美味しさ。生地ははもちもち。
  • 自然解凍でも、パサつきはなくとてもしっとり。お菓子に近い感覚。持ち歩きにもおすすめ
  • カルディのシナモンロールは、レンジで温めた後、トースターで焼きの工程を入れると香ばしく美味しい
  • おすすめのアレンジ方法は、アイスをやバナナをそえ、シナモンパウダーを振りかける
  • カルディのシナモンロールの賞味期限は製造から180日と、長期保存が可能

美味しくてボリューミーなカルディのシナモンロールは、レンジで温めても、自然解凍しても、それぞれの良さかがありましたね。

最近はコンビニのスイーツも高いものでは300円くらいします。それなら、このシナモンロールをストックしておいた方が、実は節約になるかもしれないなとも思いました。

長期保存も可能なので、あなたの冷凍庫にもぜひ忍ばせておいて、いざという時の楽しみにしてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました