低糖質のパスタはスーパーやコンビニで買える?おすすめ商品をご紹介!

ダイエット

あなたは糖質の役割を知っていますか?糖質は体のエネルギー源ですが、摂りすぎると肥満や動脈硬化などの健康上のリスクになります。

糖質が多い食べ物は、米や小麦、麺類など主食となるものがほとんどなため、糖質制限中はそれらが無性に食べたくなる時がありますよね。

そんな時に味方になってくれるのが低糖質食品です!低糖質食品は色々ありますが、パスタもその中の1つです。

糖質制限中に罪悪感なく、パスタが食べられると思ったら、最高ですね。しかし低糖質のパスタというちょっと変わった食品はスーパーやコンビニでも売られているのでしょうか?!

スーパーやコンビニで低糖質パスタを手に入れられたら、身近でとっても助かりますね♪

スーパーやコンビニで買える低糖質のパスタは、それぞれどの種類でどのような違いがあるのか見ていきましょう。

低糖質のパスタはスーパーにあった!おすすめ商品をご紹介!

低糖質のパスタを探しにスーパーへ見に行ったところ、色々な種類の低糖質パスタが売られていました!

低糖質のパスタはスーパーで買えちゃいます!

低糖質のパスタはスーパーで買えます!意識しないと気がつきませんが、意外と身近にあるものなのです!

身近なスーパーで買える低糖質パスタで、おすすめの商品をご紹介していきます!低糖質のパスタでおすすめの商品は4つあります。

ポポロスパCarbOFF(カーボフ)

特徴
  • 糖質・・・100g中、29.8g
  • 弾力・・・★☆☆
  • 味・・・少し粉っぽい
  • おすすめアレンジ・・・ナポリタン
  • 価格・・・341円(税込)240g
  • 茹で時間・・・10分

Carboffは、デュラム小麦のセモリナ粉や、小麦たんぱく、米ぬかなどを使用して、糖質50%offを実現しています。麺は定番のパスタより2段階細い1.4mmです。

味については、小麦の香りがして上品でした。また弾力については、噛み応えが弱く弾力があまりないですが、違和感なく食べられました♪

食物繊維が43.6gも含まれていて、これは普通のパスタの10倍になります!価格は100gあたり142円でお得でした。

蒟蒻効果(昭和産業)

特徴
  • 糖質・・・80g中、48.7g
  • 弾力・・・★★☆
  • 味・・・つるっとしている分、ソースと絡みにくい
  • おすすめアレンジ・・・ペペロンチーノ始め、さっぱりとしたオイル系、スープパスタ
  • 価格・・・378円(税込)400g
  • 茹で時間・・・12分

蒟蒻効果は、食物繊維の一種「グルコマンナン」を使用して、糖質25%offを実現しています。また同時に1/2日分の食物繊維を獲得できます。

グルコマンナンとは、こんにゃくの主成分として多く含まれる食物繊維のことじゃよ。

糖質の表記で、パスタが100g中ではなく80g中にしている理由は、蒟蒻効果を茹でると水分を多く含むため、茹で上がりの重量が100g相当になるためです。

弾力はみずみずしくプリッとはしていますが、もちもち感はあまりありませんでした。

味はつるっとしていますが、その分ソースと絡みにくいため、スープパスタやオイル系のパスタにアレンジするのがおすすめです!

価格は400gで378円のため、100gあたり94.5円と、紹介するパスタの中で最安です!

¥1,103 (2022/02/04 17:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

オーマイplus 糖質50%オフパスタ(nippn)

特徴
  • 糖質・・・100g中、26g
  • 弾力・・・★★★
  • 味・・・粉っぽさはあるが、弾力がよく生パスタに似ている
  • おすすめアレンジ・・・何でも合う
  • 価格・・・302円(税込)240g
  • 茹で時間・・・7分

オーマイplus 糖質50%オフパスタは、食物繊維の一種「難消化性でんぷん」で糖質50%offを実現しています。小麦粉を使用して弾力を上げ、全粒粉を配合して香りを高くしています。

パスタは四角い形状をしていて、個性的です。麺は太めですが、茹で時間が7分と短くなっているところが魅力的ですね。

弾力はもちもちともプリッともしていて、生パスタと食感が近い感じがします。アレンジも何にでも合うため、使いやすいですね♪

100gあたり126円で他のパスタと比べても、お得ですね。

¥1,746 (2022/02/04 17:51時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Vegetive(ベジティブ) ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ 

特徴
  • 糖質・・・100g中、62.4g
  • 弾力・・・★★☆
  • 味・・・甘さの後にほろ苦さがある
  • おすすめアレンジ・・・何でも合う
  • 価格・・・321円(税込)240g
  • 茹で時間・・・11分

糖質は、低糖質パスタの中でいうと少し多めですが、食物繊維が100g中6.2g、鉄分が100g中3.2mg含まれているため、健康に良い食品です。

こちら小麦が全く使われていないグルテンフリーのパスタになっているため、小麦を摂取したくない方は嬉しいですね♪

太さは1.8mmと平均の太さで、味は始めは甘さがあって、後にほろ苦さが感じられます。茹で時間は11分と少し長めです。

価格は100gあたり134円です。こちらはイオンのオリジナル食品のため、全国のイオンで取り扱いがあります♪ぜひ探してみてください!

スーパーに売っている低糖質のパスタで、おすすめの商品は以上の4つです。他にも、いくつか売られていますが、オンライン限定の商品でした。

どこのスーパーに売られているかは地域によって差があるため、ぜひ足を運んで探してみてください。どれか一つは見つかると思います♪

低糖質のパスタはコンビニでも売っている!

これまでスーパーに売っている低糖質のパスタを紹介していました。しかし低糖質のパスタはスーパーよりもっと身近なコンビニでも実は売られているのです。

【ローソン】野菜を食べる生パスタ

野菜を食べる生パスタ
  • 糖質・・・内容量240g中、33.8g
  • 弾力・・・★★★
  • 味・・・トマト、ほうれん草クリームの2種
  • 価格・・・298円(税込)240g
  • 茹で時間・・・レンジ600Wで4分半
  • 場所・・・ローソン

トマトソースとクリームソースの2種類があります。レンジでチンするだけでできるため、簡単で嬉しいですね♪

難消化性でんぷんを練り込み、糖質とカロリーを抑えて作られた商品です。何と糖質は、33.8gです!平たく薄い麺ですが、その分ソースがよく絡み、もちもちしていておいしかったです。

野菜がたくさん入っていて、具沢山のため、腹持ちも良さそうですね!さらに価格は298円(税込)でお得になっています。

【セブンイレブン】バジルパスタサラダ

バジルパスタサラダ
  • 糖質・・・内容量240g中、22.8g
  • 弾力・・・★☆☆
  • 味・・・バジルソースが濃厚で美味しい!
  • 価格・・・365円(税込)内容量不明
  • 茹で時間・・・無し
  • 場所・・・セブンイレブン

こちらの商品は糖質30%off麺を使用しているため、糖質が抑えられています。弾力はやはりパスタサラダのため、もちもちはしていなかったです。

しかし、バジルソースとうまく馴染んでいて、野菜も多く入っており、とてもおいしかったです♪

アレンジでスモークサーモンや高リコピントマトが使われているバジルパスタサラダがありましたが、そちらは糖質オフ麺でなかったので、注意してください!

低糖質パスタがコンビニで売られている商品は以上の2つのみしか探せませんでした。地域によっては、もしかすると他にもあるのかもしれません。

低糖質パスタはコンビニでも徐々に展開されていくと思われるため、流行を先取りしちゃいましょう♪

低糖質のパスタがおすすめの理由

あなたは低糖質食品がどのような食品かということはご存知ですか?低糖質のパスタを購入する前に、低糖質食品の詳しい魅力や効果について、学んでおきましょう♪

低糖質食品とは

低糖質食品は名前から見てもお分かりの通り、糖質が少ない食品のことを指します。しかし、糖質は体や脳のエネルギー成分としてとても大事な栄養素です。

ただ、摂りすぎると肥満や糖尿病、動脈硬化のリスクが上がります。

糖質を摂りすぎると、インスリンの分泌量が増えて、エネルギーとして利用されなかったブドウ糖を中性脂肪などにして体に蓄えるんじゃ。

そうすると太りやすくなって、生活習慣病にかかるリスクも高くなるのじゃよ。

何事にもバランスが大切ということですね。そういった中でも、低糖質食品の魅力はそういった肥満や生活習慣病にかかるリスクを抑えられることにあります!

低糖質食品は、よく肥満防止のダイエット策として、使われるイメージがありますよね。では実際、糖質が多い食べ物とは何なのかを1つずつ見ていきましょう。

糖質が多い食べ物は何?

糖質が多い食品は以下の通りです!

糖質が多い食品ランキング
  1. 砂糖類
  2. 主食類
  3. 芋類

1位の砂糖類は、コーヒーや紅茶に入れる砂糖や、ジュース、お菓子に含まれている砂糖そのもののことを指します!

砂糖としてよく使われる上白糖は、100gあたりの糖質が104.2gもあり、非常に糖質量の多い調味料のため、注意して使用しましょう。

2位の主食類はお米や食パン、麺類のパスタやうどんのことを指します。それぞれ100gあたりの糖質量が順に、38.1g、48.2g、21.4g 、31.3gです。

やはり主食はエネルギー成分が多めですね。3位は芋類で、特にさつまいもの糖分が高く、100gあたりの糖質が、30.9gもあります。

糖質制限をするということはこれらの食品を食べないか、糖質の部分を別の何かで代用している、低糖質食品を食べることになります。

低糖質食品は、餃子やピザ、お好み焼き、パスタなど、探すといろいろとあります。

その中でも、低糖質のパスタは種類が多く、スーパーでも売られているため、手が届きやすい商品です。

糖質制限中、どうしても「パスタが食べたい!」と思うことがありますよね。

その夢を叶えてくれるのが、今回紹介した低糖質バージョンのパスタです!しかもその低糖質のパスタがスーパーやコンビニで売っているだなんて、とても身近に買えて助かりますね。

糖質を抑えられたパスタがこんなに豊富にあることは、大変喜ばしい事実でございます!技術の進歩に感謝ですね!

まとめ

  • 低糖質のパスタはスーパーで買える
  • 糖質を摂りすぎると、動脈硬化や肥満、糖尿病のリスクが上がる
  • パスタは2番目に糖質が多い食品である
  • ポポロスパカーボフ、蒟蒻効果、オーマイplus、ベジティブの4ブランドがある
  • 低糖質のパスタはコンビニのローソンとセブンイレブンでも買える

スーパーで買える低糖質パスタをたくさん紹介しましたが、それぞれの良し悪しがあると感じました。カーボフは細麺で固麺好きにはもってこいの商品です。

こんにゃく効果はとにかく圧倒的に安いですね!オーマイplusは糖質が少なく、どのソースも絡みやすいところが魅力的ですね。

ベジティブは健康的で、イオンに売っているところが良いですね!

オイルパスタなどさっぱり系なら蒟蒻効果、ナポリタンのような焼きパスタ系統ならカーボフ、クリームパスタ始め濃厚系統なら、オーマイplusが合いそうです。

このようにパスタの特徴を見て、アレンジごとに分けても良さそうです。

たくさん紹介しましたが、個人的にはオーマイプラスが糖質も少なく、弾力もあって何でもアレンジが効くため、一番好きなスーパーで買える低糖質パスタでした。

コンビニ商品の野菜を食べる生パスタも好みでしたが、量と価格を考えるとたまにでいいかなと感じました。

低糖質のパスタはスーパーやコンビニで、それぞれ色々な種類が売られていました!これを機に低糖質食品生活を始めて、あなたも健康ライフを手に入れてみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました