ステンレスマグカップをレンジで温めるのは超危険!その理由とは?

暮らし

ステンレス製のマグカップは機能性に優れていて、とても便利ですよね。

そんなステンレス製のマグカップを使用しているときに、電子レンジで温められたらいいのになと思った経験はありませんか?

いくら冷えにくいステンレス製のマグカップでも限度があり、電子レンジで手軽に温められることができたらとても便利ですよね。

家事をしながらコーヒー飲んでると、気付いたら冷たくなってることあるのよね。

ステンレス製のマグカップは、電子レンジで温めることはできるのでしょうか。

その答えは絶対にNGです。電子レンジの使用方法を誤ると、最悪の場合は火災に繋がることもあります。

今回はステンレス製のマグカップと電子レンジの関係、またなぜ危ないのか、その理由について詳しくお話していきたいと思います。

//

ステンレス製のマグカップは電子レンジで絶対に使用してはいけない!

率直に言います。電子レンジでステンレス製のマグカップを使用するのは、とても危険です。絶対にやめましょう。

マグカップぐらいは大丈夫だろうと軽く考えることは絶対にやめてください。

なにがそんなに危険なの?

答えは簡単!ステンレスが金属だからよ!

なぜ金属のステンレス製のマグカップは、電子レンジで使用してはいけないのか。

その前に電子レンジが、なぜ食べ物を温めることができるのか、その仕組みからお話ししますね。

どうして電子レンジは食べ物を温めることができるのか

電子レンジは「マイクロ波」という電磁波を発生させ、食べ物を温める仕組みになっています。

マイクロ波を食べ物にあてて、食べ物の中に含まれる水の分子がマイクロ波を吸収します。

そのマイクロ波を吸収した水の分子同士が電磁波の振動により摩擦を起こして、食べ物が温かくなります。

寒い日に手をこすったり、おしくらまんじゅうをしたりすると温かくなりますよね。

それが食べ物の内部で起きていると考えると分かりやすいかと思います。

食べ物が温かくなる仕組みはなんとなく分かったけど、ステンレスを電子レンジに入れたら結局どうなるの?

それでは、なぜこの仕組みでステンレスマグを温めると危険なのでしょうか。続けてみてみましょう!

ステンレスなどの金属を電子レンジに入れると、どうなる?

先ほど、電子レンジは食べ物の水分を振動させて温めるとお伝えしました。

そしてステンレスなどの金属には、その水分がありません。

そのために電子レンジが発生させる「マイクロ波」は、ステンレスに吸収されずに反射してしまいます。

反射した「マイクロ波」は、電子レンジの中の温度を上昇させます。

その結果、中で火花が散ったり、電子レンジの故障や最悪の場合は火災に繋がったりする原因にもなりかねません。

実は私自身も以前、アルミのカップに作り置きをしており、それを温めようとした際に、電子レンジの中で火が出たという経験があります。

その時はすぐに気付き大事には至りませんでしたが、火が出たことにも気付かずに更に加熱していたらと思うと恐ろしいです。

電子レンジは火を使わないので、目を離しても大丈夫という考えが広く認識されています。

それだけに、使用NGな物を使う危険性も広く認識されるべきことだと私は考えます。

命に関わる危険な行為なので、少しくらい大丈夫じゃない?という考えも絶対にやめましょう。

水分の少ない食材も注意が必要⁉

先ほど、電子レンジが食べ物を温める仕組みを、食べ物の中の水分が「マイクロ波」を吸収し、摩擦させることで温めるとお話ししました。

そのため、食べ物の中でも水分の少ない物は焦げてしまう可能性があります。

水分の少ないイモ類、ゴボウ、ニンジン、カボチャなどは注意が必要です。

確かにニンジンを電子レンジに入れて、焦がしてしまった経験があるわ。

対処法は、たっぷり濡らしたキッチンペーパー等で食材を包んだり、容器に少し水を入れてからレンジに入れたりする方法がありますよ。

電子レンジの仕組みを知って、より上手く活用していけるといいですね♪

ステンレス製のマグカップは直火で温めることはできる?

ステンレス製のマグカップは、直火にかけることやIHで温めることが可能です。

ステンレスは金属ということもあるので、耐熱温度が約300度有り、熱には強いです。

ただし、その商品によって耐熱温度や直火OKなども変わってくるので、商品表示は必ず確認してくださいね。

コンロで直火やIHにかけることもできますが、どちらにしてもやけどには充分お気を付けください。

そして意外にも電子レンジと使い方が似ているオーブンは、ステンレス製の物も温めることができます。

オーブンは電熱線を利用して食材を加熱調理していく仕組みです。

電子レンジのように「マイクロ波」が反射するような心配はありません。そのためアルミホイルの使用も可能です。

なかなかオーブンでマグカップを温める機会はないかもしれませんが、ステンレス製の型などでお菓子を作る際はオーブンが便利です。

またステンレス製のマグカップの温め方で1番おすすめの方法は、熱湯を使って温める湯煎です。

湯煎であれば直火ほどマグカップ自体が熱くならないので、マグカップが黒ずんでしまうということも防げます。

直火やIHよりも少し時間がかかりますが、やけどのリスクも1番低く、対応しているカップも多いので安心ですよ。

ステンレス製のマグカップを温める方法は、直火、IH、オーブン、湯煎と様々ありましたね。

あなたのやりやすい方法を探してみてください♪

ステンレスマグカップの蓋付きなら保温効果抜群!おすすめ3選

温め直すのもレンジが使えないなら面倒だし、できるだけ温め直しが必要ないマグカップがいいよね?!

蓋付きマグカップなら冷えにくいから温め直す手間がへるかもよ。

もともとステンレス製のマグカップは保温性に優れているので、温め直すこともさほど多くはないと思います。

その中でも蓋付きのマグカップであれば、なおのこと保温効果が高いです。

そこで蓋付きのステンレス製マグカップで、おすすめの商品3つをご紹介します。

サーモス 真空断熱マグカップ/JDG-281C

引用 サーモス公式

公式価格 1760円(税込み)

魔法瓶で有名なTHERMOS(サーモス)のステンレス製マグカップです。

保温保冷に効果的で、ほこりが入るのを防いでくれる蓋付き。

真空断熱構造で、飲み頃の温度をキープしてくれます。1時間の保温効力は64℃以上です。

ステンレスマグカップといえばサーモスという安心感がありますよね。

パール金属 カフェマグバリスタ 真空蓋付マグカップ330

引用 パール金属公式

公式価格 2530円(税込み)

パール金属のキッチン・リビング用品ブランドPEARL LIFE(パールライフ)のステンレス製のカフェマグです。

いつでもどこでもお好きなコーヒーを楽しめるように、市販のドリッパーで直接ドリップできる大きな経口となっています。

蓋付きなのでほこりを防ぎ、保温保冷に効果的。蓋には飲み口のフラップ付き。

シンプルな見た目なので男女問わず誰でも使いやすそうなマグカップです。

アフターヌーンティー カラーステンレスタンブラー

引用 アフターヌーンティー公式

公式価格2420円(税込み)

おしゃれでかわいい雑貨ブランド、アフターヌーンティーのステンレスマグカップです。

優しい色合いで、見るだけでほっこりするような優しい見た目です。

そして見た目だけでなく、二重構造でしっかりっと保温性もあるのがうれしいところ。

蓋付きで、飲み口のフラップ部分は逆側に固定できて、飲みやすくなっています。

ブレイクタイムに寄り添うメッセージがさりげなくプリントしてあり、プレゼントにも最適♪

まとめ

  • ステンレス製のマグカップは電子レンジでは絶対に使用してはいけない
  • 電子レンジは「マイクロ波」という電波が、温めたい食べ物の水分が吸収し、その電波が摩擦し合うことによって温まる
  • ステンレスなど金属を電子レンジで使用すると、最悪の場合火災にもなりかねない
  • ステンレスマグカップは直火やIH、湯煎で温めることが可能
  • ただし商品によっては使用できない物もあるので商品表示を確認が必要
  • 蓋付きのステンレス製のマグカップであれば保温効果が高いため、温めなおす手間が減る

ステンレス製のマグカップは電子レンジでは使用できませんが、直火やIH、湯煎などで温め直すことは可能です。

ただもともと保温効果の高い形状の為、温め直す必要が少ないのも特徴です。

中でも蓋付きのステンレス製マグカップは、より保温効果が高いとうたっている商品が多いので、探してみるのもいいかもしれないですね。

おうち時間が増えた今、いつでも温かい飲み物が飲めるというのはうれしいですよね。

これからも、おうちでゆっくりと素敵なブレイクタイムを過ごしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました