セブンイレブンに低糖質パンは売ってないのか?2022年おすすめはコレ!

暮らし

近年、ダイエットのひとつとして、「糖質制限」や「ロカボ(適正糖質)」が注目されています。

そのため、スーパーやコンビニでは低糖質な商品をよく見かけませんか。

ダイエット中の私は、低糖質の商品が売ってないかよく探しちゃうのよね♪

中でも「低糖質パン」は、大豆粉や食物繊維を高配合してあるものが多く、小麦粉で作られたものよりも糖質が抑えられているので、ダイエットにおすすめですよ。

しかし、セブンイレブンでは低糖質パンが売ってないのか?!という噂が。

実は、手軽に買いに行けるセブンイレブンでも、低糖質パンは売ってないことはないのです!

ここでは、セブンイレブンの低糖質パンの情報が盛りだくさんなので、お楽しみに♪

セブンイレブンで低糖質パンは売ってないのか?

調べてみたところ、セブンイレブンでも低糖質パンは売っていましたよ!

実は、2021年8月17日からセブンイレブンでも低糖質パンが発売されていたのです!

そして、現在も「糖質を控えた」シリーズのパンとして、いろいろな種類が発売されています。

売ってないことは無いので、近くのセブンイレブンへ手軽に買いに行けそうですね。

セブンイレブンの低糖質パンの特徴としては、しっとりと柔らかいのに糖質が低い点があります。

また、低糖質パンが買えるコンビニと言えば、ローソンを思い浮かべる人も多いですよね。

ローソンと比べると低糖質パンを売り出したのが最近のため、売ってないと思う人も多いのかもしれません。

ローソンでは、穀物を脱穀した時の外皮である「ふすま」を利用して、糖質を抑えたブランパンシリーズが有名ですよね。

ちょっとパサついていて、味に癖があるのよね。

あなたも、同じように感じたことはありませんか。

糖質が抑えられているためなのか、ブランパンは甘さが控えめで、パサつくため、好みが分かれそうです。

しかし、ダイエットしている時でも、美味しいパンを頬張りたいですよね。

そんなときには、低糖質ながらも味に満足できるセブンの低糖質パンがおすすめです。

それでは、セブンイレブンの低糖質パンの特徴を踏まえながら、体に与えてくれるメリットを紹介していきますね。

血糖値の上昇を抑えてくれる

セブンイレブンの「糖質を控えた」シリーズの低糖質パンには、難消化性デキストリンが含まれています。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしやじゃがいも由来の水溶性食物繊維の1種です。

この難消化性デキストリンには、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を抑制させる機能があります。

パンやお米などの炭水化物には糖質が多く、食事を摂ることで、血糖値が急上昇します。

そのため、血糖値を下げるために、糖を脂肪に変えてしまう「インスリン」というホルモンが大量に分泌されます。

したがって、インスリンが大量に分泌されると脂肪を溜め込みやすい体になり、太ってしまうのです。

血糖値の上昇を抑えることはダイエットにつながるのね!

つまり、同じ糖質量のパンと比較しても、セブンイレブンの低糖質パンは、血糖値の上昇が抑えられるので有難いですね。

筋肉の回復を手助けする

原材料には、小麦から抽出された植物性たんぱく質である小麦蛋白を使用しています。

小麦蛋白とは、小麦から抽出されたたんぱく質であり、低糖質な材料として近年よく使用されるようになりました。

小麦蛋白の特徴として、粘りや弾力性があるため、しっとり柔らかいパンを作り出せます。

糖質を控えていても、しっとり柔らかいパンが味わえるのは嬉しい♪

さらに、小麦蛋白には、筋肉の回復を手助けする効果や腸の働きをよくする効果もあります。

食物繊維の量が多く含まれる

セブンイレブンの低糖質パンに含まれる食物繊維の含有量は、10gを超えるほどしっかり含まれています。

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日当たりの食物繊維の目標量は18~64歳の男性21g以上、女性18g以上となっています。

しかし、最近の報告では、食物繊維の平均摂取量は1日当たり14g前後と言われ、目標量より少ないと言われています。

ですがなんと、セブンイレブンの低糖質パンを1個食べることで、1日に必要とされる食物繊維量の半分は摂取できちゃいます。

食物繊維をパンから補えるなんてびっくり!

ちなみに、レタス1個分(約300g)に含まれる食物繊維は3gと言われています。

食物繊維を摂るために、レタス1個丸ごと食べるよりも、セブンイレブンの低糖質パンなら、美味しく食べられちゃいますね♪

セブンイレブンの低糖質パンが売っていることやその効果について知ることが出来ました。

ますます、セブンイレブンの低糖質パンを買いに行きたくなりましたよね♪

しかし、店舗によって、低糖質パンの品揃えが異なります。

実際、私も近所のセブンイレブンで低糖質パンを探してみましたが、人気なのか在庫が少ない店舗が多かったです。

もしかしたら、セブンイレブンに低糖質パンが売ってないと言われるのは、人気があるゆえかもしれません。

解決策としては、常連の店舗などでは店長にお願いすると入荷してくれるという情報がありましたので、試してみてください。

次章では、セブンイレブンの低糖質パンを紹介しますので、購入時の参考にしてくださいね。

セブンイレブン低糖質パンのチョコシリーズ3選!

セブンイレブンの低糖質パンには、3種類のチョコ入りパンが販売されています!

ダイエット中でも、甘いチョコの誘惑には負けちゃいますよね。

しかし、セブンイレブンの低糖質パンのチョコシリーズなら、罪悪感なくチョコ入りパンを堪能できますよ♪

それでは、セブンイレブン低糖質パンのチョコシリーズを3つ紹介していきます!

糖質を控えたチョコクロワッサン

糖質を控えたチョコクロワッサン
価格:140円(税込151.2円)
カロリー:221㎉
たんぱく質:3.7g
脂質:14.9g
糖質:11.8g
食物繊維:12.6g

引用 セブンイレブン公式サイト

クロワッサン好きなあなたにおすすめしたいのが、こちらの「糖質を控えたチョコクロワッサン」です。

今まで、糖質を控えたクロワッサンを販売していましたが、2022年4月からは、チョコを加えてリニューアルされました。

こちらのチョコクロワッサンは、歯切れがよくしっとりした食感の生地にチョコを巻き、焼き上げています。

一般的に、クロワッサンは生地作りの際に、バターを多く使うためカロリーが高くなります。

しかし、他のパンに比べて小麦粉の量が少ないので、実は糖質が低いパンなのです。

クロワッサンが糖質の低いパンとは知らなかったわ!

セブンイレブンに売っている普通のクロワッサンは、カロリーが203㎉で糖質17.6g、食物繊維0.8gになっています。

比べてみると、糖質を控えたチョコクロワッサンとカロリーには差がありませんね。

しかしチョコを巻いているのに、糖質11.8g、食物繊維12.6gとなり、とてもヘルシーです。

小ぶりサイズですが、生地はしっとりしつつ、バターが香り、食べ応えがあります。

チョコもしっかり中に入っているので、甘いものが欲しい時には十分です。

糖質を控えたチョコクリームブレッド

糖質を控えたチョコクリームブレッド
価格:130円(税込140.4円)
カロリー:191㎉
たんぱく質:7.2g
脂質:9.4g
糖質:11.9g
食物繊維:15.1g

引用 セブンイレブン公式サイト

ダイエット中でもチョコクリームを堪能したいなら、この「糖質を控えたチョコクリームブレッド」がおすすめ!

このパンの中には、ぎっしりとチョコのクリームが挟んであります。

こちらのチョコクリームは、ホイップのようになめらかで、チョコのかけらがクリームの中に含まれており、時折カリッとした食感を楽しむことができます。

チョコの食感が楽しめるのは嬉しい♪

パン自体はビターな味わいですが、ふかふかもっちりとした食感です。

食物繊維が15.1gしっかり含まれ、チョコクリーム入りのパンなのに200㎉以下なので、小腹がすいたおやつ代わりにもなりそうですよ。

板チョコ1枚のカロリーは280㎉なので、このパンを食べる方が健康面でもダイエット面でも良さそうですね♪

糖質を控えたショコラブレッド

糖質を控えたショコラブレッド
価格:130円(税込140.4円)
カロリー:185㎉
たんぱく質:7.7g
脂質:8.2g
糖質:11.0g
食物繊維:18.3g

引用 セブンイレブン公式サイト

朝ご飯にもおやつにもぴったりな、満足感のあるパンを探してるあなたは、「糖質を控えたショコラブレッド」を選んでくださいね。

今まで紹介したチョコパンシリーズの中でも、しっかりとしたボリュームがあり、生地自体もほんのり甘い味がします。

大き目なチョコチップが含まれており、甘い香りもチョコの食感もしっかり感じられる菓子パンです。

しかし、口コミでは、購入した商品によってチョコチップの割合が異なるようです。

購入するときには、チョコチップが多く含まれていそうなものを選ばなきゃ!

それから、生地には、水をたっぷり配合しているので、もともちした食感で満足感がありますよ。

セブンイレブン低糖質パンの2022年おすすめ商品とは?

セブンイレブンの低糖質パンは、2022年の今も新商品が続々発売されています。

2022年5月現在、チョコシリーズ以外に総菜パンの低糖質パンが、セブンイレブンで販売されています。

今まであった商品の販売が無くなる場合があるので、気になる低糖質パンがあれば、ゲットしてくださいね。

お昼ごはんとしても最適なので、試しに食べてみてくださいね♪

糖質を控えたハムチーズデニッシュ

糖質を控えたハムチーズデニッシュ
価格:158円(税込170.64円)
カロリー:273㎉
たんぱく質:5.7g
脂質:21.3g
糖質:9.1g
食物繊維:10.9g

引用 セブンイレブン公式サイト

総菜パンは好きだけれど、糖質が気になっているあなたには、「糖質を控えたハムチーズデニッシュ」がおすすめです♪

こちらは、デニッシュ生地にハムを包み、マヨネーズとチーズで味付けをした低糖質パンです。

ハムとチーズの組み合わせの総菜パンは、美味しいですよね。

しかし、脂質が高いので、美味しくてもカロリーを気にしていたら避けてしまう総菜パンの一種ですね。

やはり、マヨネーズやチーズが使われているので、カロリーや脂質は高くなっています。

けれども、糖質9.1gであり低糖質なうえに、食物繊維10.9gと多く含まれています。

美味しいパンが低糖質パンになってくれると、ダイエット中でも罪悪感なく楽しめますね♪

口コミでは、こちらのパンをトーストするとおいしいと好評なのです!

なんと、チーズとマヨネーズに焼き目がついて、チーズのコクが増しますよ。

また、デニッシュ生地がサクサクするので、クロワッサンのような食感になり、おいしさがアップします。

私も、購入したらトーストして堪能しようと思いました。

糖質を控えたベーコンチーズブレッド

糖質を控えたベーコンチーズブレッド
価格:140円(税込151.2円)
カロリー:186㎉
たんぱく質:8.9g
脂質:8.5g
糖質:12.0g
食物繊維:12.8g

引用 セブンイレブン公式サイト

ふわふわな生地の総菜パンを探しているあなたには、「糖質を控えたベーコンチーズブレッド」がおすすめです。

生地に水をたっぷり配合することで、もちもちした食感と弾力があり、食べ応え十分なパンになっています。

もちろん、ベーコンやチーズもしっかりトッピングされていますよ♪

ボリュームがあるにも関わらず、カロリー186㎉と低く、低糖質かつ食物繊維が豊富なのが特徴です。

ベーコン、チーズなどたんぱく質もしっかり補給できるので、栄養バランスの取れた低糖質パンですね。

脂質も抑えられているから、食事パンとして最適ね♪

以上、この2点が2022年発売された総菜パンになります。

セブンイレブンの低糖質パンは改良されながら、よりおいしくより低糖質なパンを続々発売していることがわかりました。

2022年5月以降も新しい低糖質パンの登場が楽しみですね♪

まとめ

  • セブンイレブンでも低糖質パンは売っている
  • セブンイレブンの低糖質パンはしっとり柔らかいのが特徴である
  • 低糖質パンは血糖値の上昇を抑えてくれる
  • 小麦蛋白を使用しているので筋肉を回復させてくれる
  • 低糖質パンは1個で1日に必要な食物繊維量を半分以上摂取できる
  • チョコ入りの低糖質パンは品揃え豊富である
  • 2022年も続々と新しい低糖質パンが登場している

セブンイレブンにも低糖質パンが売ってないことはありません。

低糖質パンの代表とされるブランパンと異なり、独特な癖のない、しっとり柔らかい生地のパンであることが、セブンイレブンの低糖質パンの特徴になります。

セブンイレブンの低糖質パンはどれも糖質が抑えられ、食物繊維を豊富に含んでいるので、ダイエット中でも美味しく食べれますね♪

また、チョコ入りの甘い低糖質パンだけでなく、食事にもぴったりな総菜系の低糖質パンもあり、品揃えが豊富になっています。

売ってないと思われていたセブンイレブンの低糖質パンは、2022年現在も商品をリニューアルしながら、続々と商品が発売されています。

しかしながら、人気商品であるゆえに、セブンイレブンの店舗によっては、売ってない場合や商品数が少ない場合もあります。

セブンイレブンで低糖質パンを見つけた際には、ぜひ試してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました