お小遣い帳を小学生に買うならダイソー?100均商品を子供に買ってみた

100均

お子さんにお小遣いがほしいと言われ、お小遣い帳をつけた方がいいのかと悩まれていませんか?

わが家にも小学生の子供が2人おり、少し前からお小遣いをあげ始めました。

お小遣いをあげるからには、お金の管理の勉強もかねて、お小遣い帳にしっかりと記録をしてほしいと思います。

しかし小学生の子供が使うものなので、まずは手軽にお安いお小遣い帳の方がありがたいですよね。

お小遣い帳を買うのにおすすめなのが、ダイソーやセリアなどの100均です。

ダイソーには、小学生にも使いやすいシンプルなお小遣い帳があります。そして低学年向けの可愛いお小遣い帳は、セリアがおすすめです。

ダイソーやセリアで購入して、実際に使った様子も載せてますので、参考にしてみてくださいね。

お小遣い帳は小学生ならダイソー!低学年ならセリアもおすすめ

わが家の小学生の子が、お小遣いほしい!と言うようになり、お小遣いをあげ始めました。

お小遣いをあげるなら、お金の管理の勉強もかねてお小遣い帳も書いてほしいと思い、何かいいものはないかと探してみました。

しかしお金を管理するものに、無駄なお金はかけたくないのが本音です。安くてお手軽な商品だと助かりますよね。

そこでおすすめなのが、主婦の味方!ダイソーやセリアなどの100均のお小遣い帳です。

ここからは100均で見つけたお小遣い帳を紹介しますね。

高学年向け、低学年向けと紹介していますので、お子さんの学年に合わせてご覧ください。それぞれの年代に合わせることで、無理なくお小遣い帳が始められますよ♪

ダイソー MONEY ACCOUNT NOTE    100円(税別)

ダイソーで見つけたのがMONEY ACCOUNT NOTEです。価格はもちろん100円(税別)です。

表紙がシンプルでおしゃれですよね。小学生の中でも、可愛すぎるものには少し抵抗がある、高学年のお子さんにおすすめなお小遣い帳です。

中身もシンプルで、すっきり分かりやすい仕様になっています。

ダイソーには他にもお小遣い帳、金銭出納帳と書かれたノートはいくつかありましたが、中身は同じようにシンプルなものばかりでした。

小学生のお子さんだけでなく、大人の方も使いやすいですね。

セリア こどものつうちょう    100円(税別)

こちらはSNSでも話題になっていた、セリアのこどものつうちょうです。

通帳のような形をしているお小遣い帳で、まず見た目がとてもかわいいですよね。通帳と同じようにクリアケースもついています。

中身もまさしく通帳のような形で、記帳をしている感じで書きつづっていくことができます。

すべてひらがなで分かりやすく書いてあるので、低学年のお子さんや、幼稚園のお子さんにもおすすめですよ。

お小遣い帳の中身は、下記のような内容です。

お小遣い帳の内容
  • 日付
  • お金が入った内容、もしくは使った内容
  • 入った金額
  • 使った金額
  • 残った金額

お小遣い帳は上記5つの内容を書くだけのシンプルな中身です。

ダイソーもセリアも、言い回しは多少違えど、内容はほぼ同じでした。

紹介している商品以外にも、ダイソーやセリアにはいくつか種類かあるので、お気に入りのお小遣い帳を探してみてくださいね。

ダイソーのお小遣い帳はどこの売り場にある?

さまざまなジャンルの物が売っている、ダイソーなどの100均。

あるあるかもしれませんが、ほしいものがどこの売り場にあるのかわからないことってありますよね。

お小遣い帳もどこの売り場にあるのか、迷いませんか?私はダイソー店内を、うろうろと探しました(笑)

通常お小遣い帳は、文具コーナーのノートが置いてある売り場に、ノートと同じように陳列されている場合が多いです。

この写真は実際のダイソーの様子です。手前の黄色いノートがお小遣い帳、その隣の華やかなノートは家計簿です。

これ、お小遣い帳?と開いてみないと分からないぐらいおしゃれなものもありますので、ノート売り場でじっくり探してみてください。

ちなみにセリアのこどものつうちょうは、ノート売り場の中でも子供用のノート売り場にありました。私は見落としそうになったのでお気を付けください。

しかしどこの店舗でも文具コーナーにあるとは限らないので、分からない時は店員さんに尋ねてみましょう。

子供用にお小遣い帳をダイソーとセリアで買って使わせてみた

わが家の子供2人に、今回紹介したお小遣い帳をプレゼントしました。

高学年の子にはダイソーのMONEY ACCOUNT NOTE、今年入学したばかりの子にはセリアのこどもつうちょうを渡しました。

子供たちは初めてのお小遣い帳で、何に使うの?という感じで、全く興味を示してくれませんでした

しかしお金の管理を学ばせたいので、日々書くことが習慣になるように、これから私も一緒に声をかけていきたいと思います。

ダイソーのMONEY ACCOUNT NOTEを使ってみた様子

まずは高学年の子に、ダイソーのMONEY ACCOUNT NOTEを書いてもらいました。とても字が汚いのはご了承ください(笑)

私が見た限り子供にはマス目が小さいかな?という印象でしたが、あまりマス目を気にせずに書いていたのもあり、書きにくさはなかったようです。

1ページだけでも22行もあり、全部で80ページあります。かなりたくさん書くことができるので、長い間使用できますね。

シンプルでおしゃれなノートということもあり、少し大人になった気分で、楽しく書くことができていました。

セリアのこどもつうちょうを使ってみた様子

続いて、今年入学したばかりの子に、セリアのこどもつうちょうを書いてもらいました。

こちらは1ページ6行で、全部で48ページあります。しかし字を習ったばかりで、小さい字が書けないので、行を無視して大きく書いていました(笑)

行の区切りがはっきりしていないので、行をまたいで書きやすい点も、字が大きくなりがちの幼い子にはぴったりだと思いました。

書ける数字だけ自分で書いて、書きにくい文字は大人が書くなどすれば、スムーズに書いていくことができますね。

ページの下部分にはメモを書くスペースがあるので、上部分はお子さんに好きに書いてもらい、後で補足としてママ・パパがメモ書きしておくのもいいかもしれませんね。

子供にダイソーとセリアのお小遣い帳を使わせてみた感想

ある程度、字が小さく書けるようになれば、ダイソーのMONEY ACCOUNT NOTEでも問題なく使用できそうです。

低学年の子供であれば、まずはセリアのこどもつうちょうを使い、それを使い終わった後にダイソーに移行すれば、スムーズにいくかなと思いました。

しかしまずは続けなくては意味がないので、子供にお小遣い帳を書く習慣がつくまでは、親が一緒に書くことが大事です。

お小遣い帳をつける目的は、お金を計画的に使う練習と言えます。

小さいうちからお小遣い帳をつけることで、より価値のあるお金の使い方ができる大人に近づけますよ。

私自身も、家計簿がなかなか続かないので、ダイソーのノートをもう1つ買い足して、家計簿代わりに書こうかなとも考えています。

親子で楽しく、お金の管理を習慣化できるようにしていきたいですね。

まとめ

  • お小遣い帳を小学生のお子さんに渡すなら、ダイソーなどの100均がおすすめ
  • ダイソーのお小遣い帳は、小学生の中でも高学年にぴったり
  • 低学年や幼稚園の子であれば、セリアのこどものつうちょうがおすすめ
  • お小遣い帳は、文具コーナーのノート売り場に置いてある場合が多い
  • セリアのこどもつうちょうは、ノート売り場の子供用品の場所で見つけた
  • まずはセリアのこどもつうちょうでお小遣い帳デビューをし、その後ダイソーに移行するのがよい

ダイソーやセリアで、お小遣い帳が手軽に手に入るのはありがたいですよね。

小学生のうちから、お小遣い帳にしっかり記録をする癖をつけて、お金の上手な使い方を学んでくれたらうれしいなと思います。

親子で一緒に、お金の管理を習慣化していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました