ジモティーの支払い方法で振込が可能に!出品者が注意すべき点とは?

暮らし

物品の売買や無料譲渡のほか、友だち募集・求人情報といった情報を無料で掲載できる、広告掲示板「ジモティー」。

このジモティーでは近年、支払い方法が選べるネット決済【あんしん決済機能】が導入されました。

支払い方法は、カード払いや銀行振込などさまざま。銀行振込だと、お金の管理もしやすくて助かりますよね。

支払いが楽なだけでなく、直接会ってお金の受け渡しをするので、取引のリスクを回避できるというメリットもあります。

しかし、このあんしん決済機能という支払い方法を出品者が使う際には、注意が必要だということが判明しました。

出品時や、売上金の振込に関する"落とし穴"とも言うべき、あまり知られていないシステムについても詳細にお伝えしていきます。

ジモティーで出品をお考えのあなたは、必読ですよ!

子どものおもちゃはレンタルが◎
//

ジモティーの支払い方法で振込が可能に!

ジモティーの支払い方法には現金手渡しと、ネット決済の「あんしん決済機能」があります。ひとことで言えば、商品代金の支払いをジモティーが仲介してくれる機能ですね。

ほかのフリマサイトでは、もちろんネット上の買い物なのでネット決済は当たり前ですが、ジモティーでも2020年に導入されました。

出品者が投稿時に「あんしん決済」を選択している物に限り、支払い方法にカード払いやあと払いの振込(振込期限は翌月10日以内)などが選べるようになったのです。

高額な品だとすぐに現金が用意できない場合などもあるので、支払い方法の選択肢が増えるのは購入者にとっては助かりますね。

この「あんしん決済機能」を利用する流れは、以下のようになります。

あんしん決済機能の流れ
  1. 購入者が、商品代金をネット決済
  2. 出品者に「決済完了」のメールが届く
  3. 納品、双方の評価が完了(納品は直接、または配送)
  4. 出品者が商品代金を受け取る

 ※配送については、出品者と購入者間で話し合い、どちらかが配送料を負担。

では、実際にジモティーの投稿画面を見てみましょう。私がスマホに入れているジモティーのアプリから、投稿ページのスクリーンショットを撮ってみました。

スクリーンショット「出品するときの画面」

上から、出品する物のタイトル、説明文、価格があり、そして下に現金手渡し・あんしん決済の2択が表示されていますね。

よく見ると、グレーの薄い文字でそれぞれの注意事項が簡単に書かれていました。

「現金手渡し」を選択する場合、有料での売買だけでなく無料譲渡も含むこと、そして「あんしん決済」は決済時に合計金額の5%が手数料としてかかることが表記されています。

ここで勘違いしそうですが、ここで言う5%の手数料とは出品者に課せられる「販売手数料」のこと。

購入者への手数料ではなく、あなたが出品している物の販売価格から5%の金額を、決済と同時にジモティーが自動的に引きます。

なお、ここで「あんしん決済」を選び出品された場合、購入者が購入手続きを進めていくと、以下のような画面に。

スクリーンショット「購入するときの画面」

ちなみに上記の受け取り方法は、出品者が直接受け取りを選択した場合、購入者への表示は「取りに行く」のみとなっていますが、配送も両方選ぶことも可能です。

そして支払い方法は、クレジットカード、d払い、コンビニ決済、あと払い(ペイディ)の中から選択できますが、期限はそれぞれ異なりますのでご注意ください。

支払い方法と期限
  • クレジットカード:即日(決済は即日だが一括から24回払いまで可能)
  • d払い:即日
  • コンビニ決済:購入後、翌々日の23時59分まで
  • あと払い(ペイディ):まとめて翌月10日まで ※詳細は以下

『ペイペイは知っているけど、ペイディって何…?』というあなたのためにご説明すると、ペイディは、あと払いの決済サービスのことを指します。

出品者・購入者ともに登録不要ですし、購入者はクレジットカードを持たなくても使えるので、使い勝手はいいですよ。

必要なのは、メールアドレスと携帯電話の番号のみで、簡単にあと払いができます。

あと払い(ペイディ)で購入手続きをする流れ
  1. 決済方法選択の画面で、あと払い(ペイディ)を選択
  2. お支払い情報を入力
  3. 支払い内容を確認
  4. メールアドレス、携帯番号を入力
  5. 携帯番号に届いた認証コードを入力すれば、手続き完了

「あと払い(ペイディ)」の方法は、3通り。まとめて翌月10日までの支払いで、ジモティーだけでなく他の決済と一緒に払うことができます。

他のショッピングサイトなどでの決済と、ジモティーの決済を合計して「まとめて支払い」という流れですね。コンビニの利用時に手持ちがあれば、まとめて支払ってもOK!

あと払い(ペイディ)の支払い方法と手数料
  • コンビニ払い(支払い手数料:税込365円)
  • 口座振替(支払い手数料:無料)
  • 銀行ATM振込(支払い手数料:金融機関によって異なる)

口座振替なら支払い手数料0、というのがうれしいですね。"ちりも積もれば"ですので、手数料が惜しいというあなたにはおすすめですよ。

このように購入者へのメリットが多いネット決済での支払い方法ですが、販売手数料だけでなく、出品者にとってさらなるデメリットがあることも分かりました!

"あんしん"と謳っているこの決済機能に、一体どのようなデメリットが潜んでいるのでしょうか?詳しくは、次の章でご紹介していきたいと思います。

ジモティーの支払い方法は現金手渡しがいい!?

基本的にジモティーで多いのは「出品手数料0円/販売手数料0円」となる、現金手渡しでの支払い方法です。

ただ、見ず知らずの相手と対面して金銭の受け渡しをするのは、出品者・購入者ともに不安を抱えることも。

このようなとき、あんしん決済機能で支払いにジモティーが仲介に入ることで、そのストレスから解放されます。

しかし、あんしん決済機能を使って出品者が得た売上金が「失効する場合もある」というのを、ご存知でしょうか?

実は売上金を確実に得るには、出品時の支払い方法に「現金手渡し」を選択するのが一番なのです。

ここからは、そのカラクリについてここから詳しくご説明していこうと思います。いわば、あんしん決済機能における"落とし穴"のような、システムのお話です。

衝撃!ネット決済の売上金は500円以下だと失効!?

ネット決済のあんしん決済機能で得た売上金を受け取る方法は、よく調べないと損をしてしまうようなシステムとなっていました。

売上金は、売上管理画面から「振込申請」をすることで受け取れます。

しかし振込手数料が高く、さらに500円以下の場合に失効してしまうという申請期限が付いています。

せっかくの売り上げが、完全に消えちゃうってこと!?あんまりだよ~!!

私も、上に同じ意見です。私は今まであんしん決済機能を利用したことがないので知らなかったのですが、このシステムには驚きました。

売上金は自分のものになったはずなのに「失効する」というシステムは、理解できませんよね

『ちょっとジモティー!どういうことなのよ!?』とお思いのあなたのために、さらに詳しく調べてみました。

まずは、売上金を自分の口座へ振り込む際の手数料についてお話ししていきます。

売上金の振り込みにかかる手数料
  • 振込手数料250円
  • 1万円以下の売上金を振り込む際は、追加で事務手数料250円が発生

売上金は、振込申請の手続きから10営業日以内に、登録した銀行口座に振り込まれます。

そして特に注意していただきたいのは、ここから。売上金の振込申請期限についてです。

売上金の振込申請期限についての注意
  • 売上が確定してから、180日(約6ヶ月)の振込申請期限が付く
  • この180日以内に振込申請がなかった場合、登録している銀行口座に手数料を除いた金額が自動的に振り込まれる

 ※申請期限180日を過ぎた自動的な振り込みは、売上管理内にある売上金の全額分。

つまり、売上金振り込みの際に別途手数料(振込手数料250円、事務手数料250円)が発生するために、180日後「売上金が500円以下」の場合は失効するという仕組みに。

さらに説明すると、1万円以下だと500円が手数料にかかるので、売上金残高が500円未満の場合、この手数料分を引けない(足りない)せいで運営側が振り込めません。

この仕組みによって、あなたの大事な売上金が失効してしまうのです。

逆を言えば、1万1円以上の売上金であれば、振込手数料の250円のみで済むということになっています。

なお、銀行の口座情報に誤りがあった場合は、再度「振込申請」が可能ですが、180日以降はこの再度の申請はできないまま売上金が失効するので、ご注意くださいね。

現金手渡しを選ばない場合は、1万1円以上の売上金に達したら、登録の銀行口座情報が正しいか確認したうえ、早めの振込申請がおすすめです!

ここまでご説明したように「あんしん決済機能」は使いづらい部分も多いので、手数料の仕組みなどシステムをしっかり理解して利用するようにしましょう。

なるほど。売上金はちゃんと貰いたいし、直接の取引にそこまで抵抗がなければ、支払い方法は「現金手渡し」の出品が良さそうね!

ジモティーの支払い方法が変更不可!?再出品が必要に?

ここまでを読んで『出品者側にそんなデメリットがあるなら、現金手渡しに設定し直そう!』と、思ったあなた。

今ある出品ページを編集して、支払い方法を変更しようとなさっていると思いますが、残念なお知らせがあります…。

一度「あんしん決済」の支払い方法で投稿してしまうと、出品ページ(編集ページ)では「現金手渡し」への変更ができません(2022年8月現在)。

まさか!と思いますが、これがジモティーのシステムの現状です。

これを解決する策がないか、徹底的に調べてみましたが、変更するには「投稿を削除し、再出品(現金手渡しを選択)」するほか、手立てがないようです。

スクリーンショット「一度投稿したあとの出品ページ(編集ページ)画面」

上の画像は、実際にジモティーの「あんしん決済」機能を選択し、一度投稿したあとの出品ページ(編集ページ)です。

見ると、「現金手渡し」がグレーの薄い文字へと表記が変わり、選べなくなっているのが分かるでしょうか?

反対に、現金手渡しのページからはいつでも「あんしん決済」を選べます。

ただし、一度でも「あんしん決済」を選んでページ更新をすると、画像と同じように「現金手渡し」の選択肢が非表示に。はっきり言って、不便すぎます。

この画面内のどこにも、変更ができない説明書きがないのは不親切ですし、これなら誰でも"変更はいつでも・何度でもできる"と解釈するのでは?と思いました。

出品物の説明文や写真の編集はできても、一番大事な支払い方法が変えられないという点は、ぜひ投稿画面で説明してほしいですよね!

知らずに「あんしん決済」を選んで多数出品しちゃったよ~!!再出品する作業って地味にたいへんなのに…。

私も数年利用してきたジモティーユーザーとしては『運営さん、お願いですからこの使いづらさを早くどうにかしてください!』と願うばかりです。

あなたもこれから何かを有料で出品するときには、間違っても『とりあえず、あんしん決済にしとくか。』と選択して投稿しないようにしてくださいね。

子どものおもちゃはレンタルが◎

まとめ

  • 「あんしん決済機能」とは、商品代金の支払いをジモティーが仲介してくれるネット決済機能(決済時に、出品者へ価格の5%の販売手数料がかかる)
  • あんしん決済での支払い方法は、カード払いやあと払いの銀行振込などいろいろ
  • あと払い(ペイディ)は、3通りの支払い方法がある(コンビニ払い・口座振替・銀行ATM振込)が、手数料0は口座振替のみ
  • 売上金を確実に得るには、出品時の支払い方法に「現金手渡し」を選択するのが一番(販売手数料0)
  • 売上金の口座振込にかかる手数料は高いうえ、売上確定から6か月の期限を過ぎると500円以下の売上金は失効する
  • 現金手渡しを選ばない場合は、1万1円以上の売上金に達したら、登録の銀行口座情報が正しいか確認したうえ、早めの振込申請を
  • 一度「あんしん決済」の支払い方法で投稿してしまうと、編集画面で「現金手渡し」への変更ができない!変更するには、投稿を削除⇒再出品のみ

今回は、不用品売買・譲渡のプラットフォームであるジモティーの、「あんしん決済機能」にまつわるお話をしてきました。

"業界最安値!販売手数料5%!"という言葉には惹かれますよね。私もそうですが、調べるほどにこの「あんしん決済機能」は正しく理解して利用しないと損をすることも分かりました。

蓋を開けてみれば『こんなことなら、現金手渡しの直接取引にするんだった~!』と言いたくなるような、不利益なカラクリ。

現金手渡しへの変更ができないのはもちろんですが、販売手数料のほかに、売上金の振込手数料や事務手数料がかかること、特に売上金が失効するというシステムには驚くばかりです。

もしあなたがジモティーを使って何かを出品する際は、あとで頭を抱えなくてもいいように、慎重に投稿していただければと思います!

ジモティーで現金手渡し時のトラブルはどう回避する?!待ち合わせ場所のおすすめは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました