ワンピースの映画を見る前に前売り券の買い方をマスターしよう♪

暮らし

公開の前後はいつも話題沸騰な、ワンピースの映画。

2022年も、映画「ワンピース FILM RED」が2022年8月6日公開されます。

それに伴い、各劇場や通販サイトなどで、ムビチケカード前売り券の発売が決定しました。

小学生の子どもが、ワンピースの映画を見たいというので、前売り券の買い方を調べてみることにしました。

今回は前売り券の買い方、映画「ワンピース FILM RED」のあらすじ、そしてワンピース映画歴代のおすすめ人気作品を紹介しています。

子どもにワンピースの映画見たいと言われて、前売り券の買い方が分からない!というママさんも、これを見ればすんなり買い方が分かるはずですよ。

そして子どもだけでなく、ワンピースを見たことないあなたも、ワンピースの魅力にどっぷりつかってみてはいかがでしょうか♪

//

ワンピース映画をお得に見るために前売り券の買い方を紹介

FILMシリーズ第4弾となる、劇場版「ONE PIECE FILM RED(ワンピースフィルムレッド)」は、2022年8月6日土曜日に、全国の映画館で公開されます。

ムビチケカード前売り券は2022年4月15日土曜日から、映画館窓口や通販サイト、メイジャーで販売されています。

子どもがワンピースを見たいみたいだから、前売り券の買い方を知りたいよのね。

映画館で直接買う方法の他にも買い方はあるのかしら?

下記がワンピースの映画前売り券を購入できる通販サイト一覧となります。買い方は各サイトにて異なるため、各サイトに従ってくださいね。

映画館
ムビチケカード
一般:1,500円
小人:900円
劇場一覧
メイジャー
ムビチケカード
一般:1,500円
小人:900円
【送料350円~】
メイジャー
 セブンネット
ムビチケカード(限定グッズ付き)
一般:3,590円~
小人:2,990円~
(店舗受取:送料無料)
セブンネット
一般
小人
アニメイト
ムビチケカード(限定グッズ付き)
一般:2,710円
小人:2,110円
(店舗受取:送料無料)
アニメイト
一般
小人
JUNP SHOPオンライン
ムビチケカード(限定グッズ付き)
一般:2,710円
小人:2,110円
(店舗受取:880円)
JUNP SHOPオンライン
ムビチケオンラインサイト
ムビチケオンライン券
一般:1,500円
小人:900円
(特典あり)
ムビチケオンラインサイト
セブンチケット
ムビチケコンビニ券
一般:1,500円
小人:900円
ムビチケコンビニ券(コンテンツプリント付き)
一般:1,700円
小人:1,100円
セブンチケット

※売り切れの場合もありますので、各通販サイトなどを確認の上、ご購入ください。

  • ローソンでの前売り券の販売はありません
  • ムビチケコンビニ券、ムビチケオンライン券は、カード型の前売り券ではなく、購入番号のみの発行です

前売り券に特典はある?

今回のムビチケカードには、クリアファイルなどの先着特典はありません。

しかしムビチケのカード自体に、ワンピースオリジナル絵柄が書いてあり、記念に残しておくことができますよ。

そして前売り券での特典はないですが、セブンネット、JUNP SHOP、アニメイトのみ、オリジナル特典の缶バッチがつくようです。

セブンイレブンのセブンネットでは、オリジナルグッズ「シャンクスべあ」「”輩”缶バッチ4個セット」付きムビチケカードがあります。

さらには、JUMP SHOP、アニメイトでは「メタル缶バッチ2個セット」付きムビチケカードも発売中です。

缶バッチのキャラクターの絵柄は各販売店で異なり、JUMP SHOPは「シャンクス」、アニメイトは「ゾロ/サンジ」となっています。

好きなキャラクターで販売店を選んでみてもいいかもしれないですね。

ムビチケとは

ムビチケの話をしてきましたが、そもそもムビチケって何?となっていませんか。

ムビチケとは、全国の映画館で利用ができる、インターネットで座席指定が可能なデジタル映画観賞券です。

購入後に、観に行く映画館のホームページで日時指定と座席指定をして、支払い画面で、購入したムビチケの番号を入力することができます。

鑑賞当日は、映画館の自動発券機で入場券を発券するだけで、スマートに入場できる、便利なサービスです。

ワンピース映画の2022年はシャンクスとウタの物語

引用 映画.com

ワンピース映画シリーズ15作目、そしてFILMシリーズ4作目となる2022年の今回は『ONE PICE FILM RED(ワンピースフィルムレッド)』です。

2022年のワンピース映画は、赤髪シャンクスとその娘のウタが物語の中心になっていくと思われます。

総合プロデューサーを原作者である尾田栄一郎先生、監督を谷口悟朗さんが務めます。

ワンピースに詳しくない私でも、尾田栄一郎先生が総合プロデューサーと聞くと、見てみたい気持ちになりますね。

あらすじ

ワンピース公式YouTubeチャンネルの概要欄に、2022年のワンピース映画のあらすじが下記のように書かれていました。

【ストーリー】 世界で最も愛されている歌手、ウタ。 素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。 そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。 色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、 そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきた ルフィ率いる麦わらの一味たち、 ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、 今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。 物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出すー。 「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。 ウタの過去を知る謎の人物・ゴードン、そして垣間見えるシャンクスの影。 音楽の島・エレジアで再会したルフィとウタの出会いは12年前のフーシャ村へと遡る。

引用 ワンピース公式YouTubeチャンネル

歌手のウタと、その父親であるシャンクス。そしてその周りで繰り広げられる物語です。

予告によると、ルフィとウタは幼いころ一緒に過ごした幼馴染のような関係のようですね。

本作で2人は、12年ぶりの再会を果たすことになります。子どものころの回想シーンでは2人の子ども時代が語られる可能性もあり、目が離せませんね。

ワンピ―ス映画歴代のおすすめ人気作品3選!

引用 映画.com

2022年でワンピース映画歴代15作目となります。

15作品も長きにわたり、多くのファンに愛されているワンピース映画。

こちらの章では、ネット上の口コミ等を参考にし、ワンピース映画歴代のおすすめ人気作品3選をご紹介したいと思います。

ワンピース映画を1度も見たことがないあなたも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ONE PIECE FILM Z      2012年12月15公開

引用 映画.com

ONE PIECE FILM Zは、ワンピース劇場版シリーズ第12作品目です。

ワンピース映画歴代の中でも、興行収入68億円越えの大ヒットし大人気作品となりました。

麦わら海賊団が漂流していたゼットという人物を助けることから、物語がスタートします。

絶体絶命のピンチになりながらも戦う姿に、胸がアツくなる名作中の名作です。

中田ヤスタカやアヴリルラヴィーンなど、豪華アーティストが参加していることでも話題な作品です。

ONE PIECE FILM STRONG WORLD    2009年12月12日公開

引用 映画.com

こちらの映画はアニメ放送10周年、そして記念すべき劇場版10作品目です。

原作者尾田栄一郎先生が制作総指揮を担当していることでも話題な作品です。

尾田先生が総指揮をとっているため、内容も敵キャラも、原作に添った内容になっているため、原作ファンでも満足できる内容の人気映画になっています。

かつて海賊王ゴール・D・ロジャーと覇権争いをした伝説の海賊『金獅子のシキ』が動き出すことから物語が展開します。

シキに仲間であるナミを連れ去られたルフィが、格上の相手でも迷うことなく戦いを挑んでいく姿に、胸がアツくなります。

ONE PIECE STAMPEDE      2019年8月9日公開

引用 映画.com

2019年に公開された劇場版14作品目。アニメワンピースの放送20周年を記念した作品です。

世界中の海賊たちが集まる祭典『海賊万博』を舞台に、ルフィたちが奮闘するストーリー展開です。

海賊だけでなく、海軍や革命軍などの懐かしいキャラクターまで勢ぞろいの本作は、長年のワンピースファンも楽しめたという口コミも多くありました。


上記3作品を含め、ワンピース映画歴代15作品とたくさんあります。

人気な作品のため、見る人によって口コミはさまざまです。

ぜひあなたもお気に入りの作品を見つけてみてくださいね。

まとめ

  • 2022年のワンピース映画は「ONE PICE FILM RED」
  • 各映画館や通販サイトで、ムビチケカード前売り券発売決定
  • 買い方は各通販サイトにより異なるため、サイトの買い方を確認要
  • 前売り券早期特典はない
  • セブンネット、JUNP SHOP、アニメイトのみ、オリジナル特典の缶バッチがつく
  • 「ONE PICE FILM RED(ワンピースフィルムレッド)」は歌手ウタと父親シャンクスの物語
  • ワンピース映画は15作品にも及び、長く愛されている

前売り券の買い方は分かりましたでしょうか?

ワンピース映画は、2022年の今作で15作品目になります。

私たちが子どもだったころからやっているワンピースを、わが子が見たいということに、長きの間愛されている映画なのだなと感じます。

ぜひ親子でワンピース映画の世界に浸ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました