制汗剤は逆効果になることもある!気を付けたい使い方

制汗に効果があるものとして思いつくものは制汗剤です。

制汗剤として発売されているものは抗菌効果もあるものもあります。

制汗成分はパラフェノールスルホン酸亜鉛やクロルヒドロキシアルミニウムなどです。抗菌成分はイソプロピルメチルフェノールやグリチルリチン酸、塩化ベンザルコニウム、タンニンなどです。インターネットや通販で売っているものと、ドラッグストアやスーパー、コンビニで売っているものでは成分が異なっています。制汗剤は汗の出口をふさぐこと、肌に膜をはることや、毛細血管を収縮させることや、汗に吸着することで汗をおさえます。

汗の出口をふさぐものや、肌に膜をはるものは、全身につかうと体温調節を妨害してしまうので注意が必要です。また、顔につかうこともできません。使い方は、お風呂やシャワーのすぐあとは水分や汗が、汗の出口をふさいでしまっているので、寝るまえの方が効果があります。効果は24時間持続します。汗をかいたあとでなく、汗をかくまえにつかいましょう。顔につかえるのは毛細血管を収縮させるものや、汗に吸着するものです。

抗菌効果が強いものは使いすぎると、肌に必要な菌まで除菌してしまいますので、逆効果になります。

ほかに、血行をよくして汗をこまめにかくことで、発汗量を減らすサプリメントがあります。サプリメント以外で自然の食材としては大豆製品があります。大豆製品に含まれているレシチンは汗を小粒化して蒸発しやすくします。大豆には汗がでるのを調節するイソフラボンも豊富です。

制汗剤の種類は一般的に効果が強い順に、クリーム、スティック、ロールオン、スプレー、ローション、シートとなります。汗の少ない人はシートで拭くだけでも十分です。中くらいの人はスプレータイプ、多めの人はロールオンやスティックタイプ、クリームなど肌に直接塗るタイプがよいでしょう。スプレータイプは汗を拭きとってからつかうと効果的です。ローションタイプは肌の水分補給もできるので汗が減ります。
制汗剤はつかう場所や汗の量にあわせてつかいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*