加齢臭は自分自身に関係ないと思いながらもだれしもが通る道です。

そこで何の対策も施さないと周囲にも悪影響を与えることになります。そこで具体的に加齢臭を抑えることを考えなければなりません。

まずは食事からです。動物性のお肉、魚はどうしても体臭だけではなく、内臓から口臭にもつながることになります。ですから加齢臭が気になりだしたら、必要以上に野菜を摂取することを心がけましょう。動物性のたんぱく質を分解して、内臓から染み出るにおい、加齢臭をもおさえてくれることになります。

加齢臭は食事で気を付けること、とにかく野菜、植物性の食事を積極的に取りましょう。

そして、食事以外のケアです。もちろん、脇の下、首筋の汗は加齢臭を増幅させてしまいまます。最近はボディシートなどもありますので特に前述のような部位はまめに汗を拭きとることを心がけましょう。

そのほかの部位としては耳の後ろや二の腕あたりにもケアしたほうが良いと思います。

そして、それだけで対応できないところ、それが頭になります。個別で対策を説明します。一番気になるのは頭皮から出てくる加齢臭です。これをおさえることが重要です。毛根をきれいにしなければなりません。

これにはもちろん、食事のパートで紹介したような野菜の積極的な摂取も必要です。そして、シャンプーなども気を付けましょう。毛根に詰まった脂をきれいに洗い落とすシャンプーを探して、さらには専用のブラッシングできちんと洗い流しましょう。頭に関してはこうした対策をとることが重要になります。

こうして、食事面、日常のケア、そして頭にはシャンプーとブラッシングといろいろな対策を施すことが加齢臭をおさえるためには重要になってきます。

加齢臭をゼロにすることは今の医学や化学では難しいかもしれませんが、それなりの対策をしっかり施すことで周囲への影響を抑えることもできます。そして、こうした対策こそが社会人としてのマナーだと思います。