冬の汗のニオイは夏場より臭くなってしまう傾向にある

汗を多くかく夏場とは異なり、冬場は寒いので汗対策は疎かになりがちです。

しかし、室内に入ると暖かくて汗をかいてしまった経験は誰でもお持ちだと思います。夏場は制汗剤等でしっかりと対策していても冬場はケアしていなかったり、代謝も落ちていく傾向にありますので汗のニオイは夏場と比較して臭くなってしまう傾向にあります。

また、脇汗等が冬場のアウターに付着するとクリーニングが大変ですので、アウターの下に着用するインナーの選択も重要になります。インナーは通気性や速乾性、抗菌性も考慮しながら選択する必要がありますし、これは夏場の対策と同様になります。

更に制汗剤も夏場同様にしっかりと対策する必要がありますし、冬場は寒くてシャワーや入浴が億劫になりますが、特に半身浴でじっくり体を温めながら汗をしっかりと流すことも重要です。

女性に関してはブーツを履かれるケースが多いと思いますが、汗から雑菌が繁殖して足の臭いが凄まじい女性を稀に見掛けることがあります。足から上をどんなに着飾っても足の臭いで台無しになってしまいます。最近では足専用の制汗剤も多く販売されていますのでこのような商品で対策すると良いでしょう。

加齢臭に関しても冬場になるとケアが疎かになりがちです。汗をかかないのでアウターや仕事の作業着のクリー二ングを怠ると加齢臭が強まっていきますので定期的なクリーニングが必要になります。

実際に私の職場でも冬場になると加齢臭が強まる方が多くいらっしゃいます。スーツに関しても定期的なクリーニングが必要で、満員の通勤電車がオジサマ達の加齢臭で溢れている状態にならないように一人一人がしっかりと対策することが必要です。

最後になりますが、冬場に関しても夏場と同様にしっかりと汗臭、加齢臭の対策をする必要がありますし、しっかりと対策するすことで自分自身も周りの方々も快適に過ごすことができます。面倒くさがらずに頑張って対策しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*